« 息を吐くことを意識する | トップページ | 五井先生の講話 (知識や理論だけでは救われない) »

2010年10月 1日 (金)

下丹田をふるわせる

  
  
もう一つ、気功について書いてみます。

これも先日のセミナーで于先生がおっしゃっておられたことです。

みなさんは丹田(たんでん)をご存知ですか?

上丹田(じょうたんでん)、中丹田(ちゅうたんでん)、下丹田(かたんでん) と人間の身体にはエネルギーが出入りする主なチャクラが3つあるのです。

他の4つのチャクラはここでは説明はしません。


上丹田は眉毛と眉毛の間、印堂であり、キョウともいい、チャクウともいいます。

胸と胸の間を中丹田

そしてへその下3.5cmを下丹田といいます。


実はこの中で下丹田がとても重要なのです。

4次元のエネルギーと3次元のエネルギーが交差するところだからです。

まず宇宙からのエネルギーが頭のてっぺんの百会(ひゃくえ)というチャクラに入り、身体の中の60兆の細胞にエネルギーを与えて、足の裏(湧泉)から地球の中心へと流れて行きます。


つまり縦 ↓ のエネルギーです。

4次元の宇宙からのエネルギーです。

そのエネルギーと交叉し交わるところが下丹田(かたんでん)なのです。

3次元にそのエネルギーを横に流して行きます。━


これが十字架の意味であり、プラスマイナスのプラス+になるわけです。


私たちは宇宙から受取ったエネルギーを3次元(つまりこの世)に流すときにきれいなエネルギーをそのまま流さなければならないのです。

しかし、わたしたちはきれいなエネルギーを出してはいません。げっそり

植物は、二酸化炭素を吸って酸素を出しているのですが

わたしたちは悪いエネルギーを吸って、そのまま悪いエネルギーを出してしまっている。

だから地球は汚れてしまったのです。げっそり

ではどうしたらいいか?

先程書きました、吐く息を意識して世界平和の祈りを祈る

のももちろんですが

私たちは、この下丹田を意識して

そこでエネルギーを浄化させることが出来るのです。

3次元でも4次元でも多次元でも

大切なのは集中力です。

太陽の光を一点に集めれば、火をおこすことができる。

それを下丹田でするのです。

虫メガネの役割りを下丹田でする。

それも下丹田をふるわすことでより強固にするのです。

すると3次元が早く整ってくるのです。

この世を善くするためにはエネルギーを浄化しないと

どうしようもないのです。

それは宇宙は、地球は

波動(エネルギー)で出来ているからです。

ちょっと難しかったですか?

でもそうやって地球を浄めている人たちがいるんですよ。わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい)





世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



   









追伸

このことは、于先生のご著書

調和波動気功法 三晃書房 を読まれるとよく理解出来ます。本



  


  

« 息を吐くことを意識する | トップページ | 五井先生の講話 (知識や理論だけでは救われない) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/37027205

この記事へのトラックバック一覧です: 下丹田をふるわせる:

« 息を吐くことを意識する | トップページ | 五井先生の講話 (知識や理論だけでは救われない) »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ