« 良いことにもとらわれない | トップページ | 2012年なぜ病気は無くなるのか? »

2010年10月14日 (木)

プラスのエネルギーは謙虚なときに出て来る

  
     
プラスのエネルギーは自分というものを無くして奥に引っ込んだときに出て来るのです。

出て来るというよりも醸し出されるという感じでしょうか。

宇宙からのエネルギーは頭のてっぺん(百会)に入って来て、60兆の細胞を光に変え、足の裏(湧泉)から地球の中心へ向かって流れて行きます。(これを引力という)


そして3次元へのエネルギーは下丹田(かたんでん)、へその下3.5センチから発せられるのです。

このエネルギーが穏やかでやさしいものであれば、周りはそのように整って来るし、怒りや悲しみで充ちたエネルギーであれば感情的なものと共鳴したり、そのような現象を増幅させたりする。

だから自分の発するエネルギーはとても大切で重要なものなのです。

頭のてっぺんから縦 ↓ にエネルギーが入って来る。

そしてそれを身体の中心である下丹田で横に流していくのですが奥に引っ込まないと(後ろに引かないと)プラスのエネルギーにはならないのです。


後ろには、守護霊さま守護神さまがいらっしゃいます。

そしてそのまた後ろには神界があってほんとうの自分がいる。

そして自分の故郷である宇宙があるのです。夜


その本心と一体となる、守護霊守護神と一体となる。


すると本来の素晴らしい自分になるのです。わーい(嬉しい顔)


それから前にエネルギーは出て行きます。←

縦 ↓ 後 → 前 ←  

このエネルギーの交差がプラスのエネルギーになるのです。

だから自分が自分我と言っているうちはプラスのエネルギーにはなっていないのです。


後ろに引っ込むとは、謙虚になるということです。


天の宇宙と繋がって、自分を無くして、本来の自分である神と一体となって、初めて空になれる。


空とは、神我一体となった本当の自分になるということです。(これを統一といいます)

アセンションとは、肉体の不完全な人間が完璧な宇宙人(神)になるということなんです。






  

「無限なる幸せを体得する方法」では正しい統一の仕方が書いてあります。



こんな凄い本は、今の地球上でこの本しかないのです。わーい(嬉しい顔) 本



 
「無限なる幸せを体得する方法」 于寿明 星湖舎 





  

1冊目  調和波動気功法 于寿明 三晃書房

2冊目  無限なる癒し 于寿明 星湖舎 (以下同じです)

3冊目  無限次元への誘い  

4冊目  無限なる幸せを体得する方法  

5冊目  無限なる勇気  



電子書籍もよろしくお願いします。(電子書籍にはCD・DVDは付いていません)


電子書籍は

wookという出版社です。

本の名前で検索すると出てきます。


http://my.wook.jp/

 
  于寿明書籍販売ページ




http://utoshiaki.wook.jp/


調和波動気功法とは


http://homepage2.nifty.com/hmwave_goldendoor/



オーラ・オーラはあなたの出しているエネルギーがわかるのです。

  
http://auraaura7.com/



  
  
    
   

« 良いことにもとらわれない | トップページ | 2012年なぜ病気は無くなるのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/37231902

この記事へのトラックバック一覧です: プラスのエネルギーは謙虚なときに出て来る:

« 良いことにもとらわれない | トップページ | 2012年なぜ病気は無くなるのか? »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ