« 本来は覚者宣言 | トップページ | 守護霊、守護神に代わってあなたに語る(全27) »

2010年10月19日 (火)

守護の神霊の加護を頼んでから

  

  
蓮上人もそのことをよく知っておられたと見えて、法華経の行者は種々の法難に会うであろう、とはっきりいっているのです。

私は仏だ菩薩だ、みんなよっていらっしゃい、救ってあげます、と宣言しているのですから、肉体の人はおろか幽界からも救われたい霊魂が、我も我もと憑ってくるのです。

呼びよせておきながら、自分自身にそれを浄め救う力がないのですからたまりません。

種々な難がやってくるのです。

自己に浄める力がないことを悟ったならば、まずお題目に先んじて、守護霊守護神の加護を念じ、守護霊守護神に憑ってくるものを浄めてもらうつもりで、南無妙法蓮華経と唱えればよいでしょう。

そうすれば、そのことそのものが菩薩行になってゆくのです。





  

              「日々の祈り」 五井昌久 白光出版




   

« 本来は覚者宣言 | トップページ | 守護霊、守護神に代わってあなたに語る(全27) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/37302702

この記事へのトラックバック一覧です: 守護の神霊の加護を頼んでから:

« 本来は覚者宣言 | トップページ | 守護霊、守護神に代わってあなたに語る(全27) »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ