« 日々の指針 | トップページ | アセンション 3 »

2010年10月28日 (木)

如是我聞

  

  
1.何事もそうだけど、心を緊張させて固くなってはいけません。力むということは、やはりそれだけ自分がやる、という 「自分」 が残っているからです。


1.自己満足、自己陶酔をしているうちは、本心を開くことは出来ない。


1.自慢高慢バカのうち。おれは偉いんだ、というヤツは一番バカだと思っていい。自分で悟った、なんていう人は本当に悟っていないのだ、と思っていい。


1.常に守護霊につながっていけば、直感的に善と悪がわかる。


1.最悪の状態は、これから善くなるという前兆である。


1.祈りの中から最善の知恵が授かる。



1.自分自身としてなすことは、愛深い自分になること、この上もなく優しくなること。誰でも優しくされれば嬉しいものです。霊的な力とか、知恵はすべて天からくるもの、それを受け、人々に分かち与える器となればよいのです。




  

                      五井昌久




  

« 日々の指針 | トップページ | アセンション 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/37429831

この記事へのトラックバック一覧です: 如是我聞:

« 日々の指針 | トップページ | アセンション 3 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ