« お念仏の真義 | トップページ | 本来は覚者宣言 »

2010年10月19日 (火)

南無妙法蓮華経とは

  
    
  
南無はやはり帰命ということ、妙とは、妙なる実相とか妙々不可思議とかいう実相、即ち絶対者の表現なのです。


法とは、法則のことであり、理念のことなのであります。


妙(神)の法則、神の意志、理念の宣言、つまり神が表現されたということになるのです。

蓮華というのは蓮の花のことであります。

蓮華は泥中に咲く華(はな)でありますから、これを地上界の業の汚れの中で華開く、つまり悟ったということになるのです。

この場合の悟ったということは、正覚を得たということで

「神の法則を或いは意志を理念を、この地上界において立派に華咲かせた、つまり完成させた、そして生命の源に、この地上界にいながら一つになっている」 ということになります。






     

           「日々の祈り」 五井昌久  白光出版





   

« お念仏の真義 | トップページ | 本来は覚者宣言 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/37302664

この記事へのトラックバック一覧です: 南無妙法蓮華経とは:

« お念仏の真義 | トップページ | 本来は覚者宣言 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ