« 無限なる癒し (電子書籍) | トップページ | みなさんへのメッセージ »

2010年9月17日 (金)

不安の心多い人のための祈り

  
   
ある日の日々の祈りより
 


不安の心多き人、暗い心の人たちは、常に天を仰ぐことを実行するがよい。

天からはいつも陽気が降ってくる。

たとえ雨や曇の日であっても、天に心をむけることが大事である。

そして次のように祈るとよい。

 “神様、どうぞ私の心に愛を充実せしめ給え、どうぞ、私を愛深い私にならしめ給え” と。


その祈りを毎日かかさずつづけていることは、細かい種々な願い事をする神まいり、仏まいりより、はるかにはるかに、その人を高い境地に導いてくれるものである。

祈りとは、まず自分の心を空っぽにすることである。

それまでの自分をひとまず捨てて、神だけを自分の心に住まわせることである。

願いごとは、すべて後まわしにすることである。

神だけを自己に住まわせれば、その人の願いごとは、すべて叶うのである。



   


        『日々の祈り』 五井昌久 白光出版







 
感想


素晴らしい!という言葉の意味は、素(もと)は晴れているという意味なのだそうです。

素とは宇宙のこと、つまり宇宙はいつもスッキリと爽やかに澄み切っているということです。

素晴らしい人とは宇宙(素)に直結した人のことなのです。

宇宙はすべて無限のプラスのエネルギー(波動)で出来ています。

そのプラスの波動(エネルギー)がどんなときも地球に降り注いでいるのです。

だからどんなに落ち込んでいるときも、マイナスの渦の中に巻き込まれているときも


空を仰げば

なにかしら心の奥の方から元気が湧いてくるようなそんな気がしてきます。 わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい)



反対に落ち込んだり、マイナス想念の中に入っているときは

知らず知らずのうちに下を向いています。

想いは重いので、下の方に溜まっているのです。

心が沈んでいるときは、下に沈んだマイナスのエネルギーと共鳴しているのです。 げっそり

ですから、できるだけ

目線はまっすぐよりもやや上に向けてください。(姿勢も良くなります)

なるべく下を向かないようにしてください。


上を向いて歩いて行きましょう♪





世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます



   

« 無限なる癒し (電子書籍) | トップページ | みなさんへのメッセージ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36791538

この記事へのトラックバック一覧です: 不安の心多い人のための祈り:

« 無限なる癒し (電子書籍) | トップページ | みなさんへのメッセージ »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ