« いじめとは? | トップページ | 無限なる勇気 »

2010年9月27日 (月)

世界平和の祈りは、中心の神様のひびき

  
   

世界平和の祈りを祈る人は、みんな神我一体になる



そして、“世界人類が平和でありますように” という祈りは誰も彼もが反対できないものなんですよ。

例えば、左翼の人は自分が自覚していないかもしれないけれども、世界人類が平和であることを願っている。

革命を起こすにしても、革命を起こした後で世界が平和になると思っている。

あるいは右翼の人たちでも、武力でもって悪いものを叩き潰して、それで世界が平和になると思っている。

ところがうちの教えは敵を武力で叩き潰すわけでもなければ、イデオロギーで叩き潰すわけでもなく、ただ必然的に神様の中から流れてくる

「世界人類が平和であれ」 というひびきを受けて、「世界人類が平和でありますように」 というひびきをこちらから出して、神様の世界と肉体の世界が、まっすぐに繋がっているんです。

そうすると神我一体となるということです。

本当は私だけが神我一体になっているのではなくて、世界平和の祈りを祈る人はみんな神我一体になっている。

ただ過去世からの業がそれを邪魔したりしているけれども、根本としては、世界平和の祈りを祈れば中心の神様と繋がっているわけです。



 
 
五井先生の働きとは

  

また神様というのは、一神であって多神なんです。

宇宙神としては一つであるけれども、さまざまな働きに分かれて、いろんな神々があるわけです。

だからAの神様からAの教祖が出来、Bの神様からBの宗祖が出来て、それぞれに道を説いているわけです。

しかしやがて、最後はみんなが世界平和の祈りを祈るようになってくるわけです。

何故なってくるかというと、すべての神々が救世の大光明の中に入ってしまっていて、そこから流れてくるのは

“世界人類が平和でありますように” というひびきだからです。

これは私が説かされただけなんです。

この肉体の五井昌久という人は、中心の神様から

“世界人類が平和でありますように” という教えを説かされているわけです。

器なんですね。

器でもあり、ラッパでもあり、場でもあり、そういう立場にあるわけね。

だから、みなさんが世界平和の祈りをする時は、神様と直にピッタリとくっついているんですよ。

それを固く信じさえすれば、自分の力がますます強くなってゆくし、不安、混迷する想いがどんどん消えてしまうわけね。

そして私は、世界平和の祈りの前に “消えてゆく姿” を持ってくる。

いくら世界平和の祈りをしていても、煩悩が起こってくるし、もやもやの想いも起こってくる。

しかし、それは今起こっているのではなくて、過去世からの業想念が、もやもやの想いとして現われて、そして “消えてゆく姿” になるんです。

消えてゆくに従ってそれだけ減るのだから、かまわず世界平和の祈りを祈っていれば、世界平和の光がどんどん広がって、もやもやの想いはどんどん消えてしまう。


神様の世界では、すでに地上天国が出来上がっているんです。


出来ているのが、ただ現われてくればいいだけなんです。


それはどういう姿かというと、みんなが平和を祈って、みんなが平和な心境になっている姿です。


それがやがては現われる。現われるけれど、時間がかかります。


そのかかる間に、過去世からの相対的な想い、排他的な想い、自分だけが良ければいいんだ、自分の国だけが幸せであればいいんだ、というような、間違った想いが、どんどん現われては消えてゆくわけ。


だから、どんなものが現われてきても、かまわず平和の祈りの中に入っていればいい。

 
救世の大光明の中に入ってさえいれば、やがては個人も人類も、平和になるに決まっている。


それを私が神様から教わって、皆さんに教えているわけです。


              (昭和43年5月)










感想

 
五井先生とは一体なんなのか?

グッドムーンのいう于先生とは一体何者なんだ?

これまでこの日記を読まれた人はきっと???????・・・・・・・・・・・・だと思います。(笑)


一言でいうと自分というものが何~んにもない

空の人なのです。

それもただの空ではなく、宇宙が果てしなく無限なように空の奥にも空があるのですが、果てしなく空の人?なのです。

自分がないということは、人や物との壁がないということです。

なんにもないのでどこまでも意識が拡がっていくのです。

そしてその意識は宇宙大になる。

これが宇宙意識、神意識なのです。

宇宙の意識はすべてを含んでいるので、どんなことを瞬時にわかってしまうのです。


人の想念も地球の裏側のことも宇宙の果てのことも


人間も本来はそんな叡智を持った素晴らしい存在なのですが、自分を肉体だけと限定してしまった為に、肉体の力(つまり念力)しか働かなくなってしまったのです。

だからみなさん、五井先生、于先生という言葉が出てきても個人だと思わずに

宇宙の神様が五井先生、于先生の器を使って伝えたいことを述べておられるのだと思ってくださいね。


  


  


« いじめとは? | トップページ | 無限なる勇気 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36952132

この記事へのトラックバック一覧です: 世界平和の祈りは、中心の神様のひびき:

« いじめとは? | トップページ | 無限なる勇気 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ