« 短所を打消し長所を伸ばす | トップページ | 良書とは? »

2010年9月19日 (日)

アセンションについて

 
   
柿の種を植えると柿の木がなり、桃の種を植えると桃の木がなるように善いタネを植えると善い結果が現われ、悪いタネを植えると悪い結果が現われる。


つまり今現われている事柄は、すべて過去に自分や人類がどんなタネを植えてきたか? によるのです。


その過去とは今生だけでなく過去世のものが多い、ほとんどです。


そして私たちは前世でしてきたことなんて覚えていない(苦笑)

じゃあ今起こっていることに責任がないか?と言えば責任はないとも云えるしあるとも云えるのです。

では、その責任の取り方とは?

それはこれから未来に向けて善いタネを植えていくしかないのです。

過去は過去のこととしてやってしまったことはしかたがない(半笑)

だから今現われていることはしかたがないとあきらめるのです。

それが病気かもしれない、貧乏なのかもしれない

過去世において病気になるタネを蒔いてしまった、貧乏になるタネを蒔いていた。

あるいに自分は蒔いていないのに縁のある人や先祖の因縁を引き受けている場合もあります。

でもこの際、原因はもうどうでもいいのです。

要はこれからどうしていくのか?

なのです。

そのために世界平和の祈りは生まれたのです。

世界平和の祈りは過去世、つまり潜在意識の悪い想念を消してくれるのです。

だから現われたとしても大難が小難になったり、最小限度になったり、現われる前に消えることもあります。

今、そしてこれからを善くしていこうとしたら過去世を含めた潜在意識を浄化していくしかないのです。

肉体界の想念は幽界に溜まって行きます。

そして今度は幽界に溜まった想念が肉体界に現われて来る。

つまりグルグルと廻っているのです。(輪廻転生という)

だから肉体界を良くしようとしたら潜在意識(幽界)を浄めるしかないのです。

幽界を浄めることが出来るのは、私たちを守ってくださっている守護霊さま、守護神さまです。

霊界と神界から幽界を浄めてくださるのです。
 

そして肉体界からはわたしたちが守護霊守護神と一体となって、世界平和の祈りで幽界を浄める。(守護霊、神と一体となることを統一といいます)
 

この共同作業で幽界は浄まり


私たちの肉体界は素晴らしい世界に上昇して行くのです。






神界(天国、守護神様のおられるところ、本心のあるところ)

霊界 (守護霊様)

幽界 (過去世、潜在意識の溜まった世界)

肉体界




幽界が浄まると神界の波動(エネルギー)が真っ直ぐに

肉体界に降りて来ます。ぴかぴか(新しい)


地上天国が現われる。


それがアセンションの本当の姿なのです。





世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます






追伸


正しい統一の仕方は

『無限なる幸せを体得する方法』 于寿明 星湖舎 に掲載されています。






  

« 短所を打消し長所を伸ばす | トップページ | 良書とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36819252

この記事へのトラックバック一覧です: アセンションについて:

« 短所を打消し長所を伸ばす | トップページ | 良書とは? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ