« 幸せになるには? | トップページ | 息を吐くことを意識する »

2010年9月29日 (水)

自分の動かしかた


  
やろうと思っているのにすぐにやれないことってありますよね。

やろうという感情よりも、やりたくない、めんどくさいという感情が勝ってしまう。

そして時間だけが、刻々と過ぎていく・・・・・。

そして、自己嫌悪に陥る げっそり

これは誰にでもあると思うのです。


そこで昨日ご紹介した本にそれに対してどうしたらいいかというヒントが書いてありました。電球

使えそうです。わーい(嬉しい顔)

みなさんもよかったら参考にしてみてください。








ToDoをどうやって、パッと実行に移すか。



どうも気分が乗らない。 人間なら必ずある精神状態です。

その状態を振り切って、「やるしかない!」と無理をする。

それもいいかもしれない。けれど、心がねんざしたり、ケガしたりします。

心とは長いお付き合いになるので、やさしく接してあげましょう。






「ちょっとだけ、やってみない?」

がスタートのきっかけです。






今日はあんまり気分が乗らないから、軽くやってみよう。

たいした成果がなくてもいいからね。

そんなふうに、なだめるように語りかけてあげる。

すると、いつの間にか 「いい感じ」 で動いている自分がいるかもしれません。





コツは 「がんばらない」 ことです。 

人は身体的にもリラックスしている状態が、

才能をもっともよく発揮できます。



努力感や疲労感がないと、がんばっていないような気がして

まるで自分だけサボッっているような気持ちになるかもしれません。

でも 「リラックスして、がんばること」 に慣れましょう。



肩の力を抜きながら、いかに大きな結果を出すか。

それがあなたにとっては、一番大事なことなのです。








ポイントの整理


気分が乗らないとき、次のどれかをためしてみる


1.「ちょっとだけやってみない?」 と自分に声をかける。

2.「どうすればこの作業が楽しくなるか?」と自分に質問する。

3.まずは簡単な作業を、まるで芸術作品のように、丁寧に時間をかけて仕上げてみる。

4.「今からこれをすると、なにが手に入る?」と自分に聞く。

5.「ねばならぬ」気持ちになったら仕切り直す。







「ひとり会議」の教科書  山﨑拓巳  サンクチュアリ出版




  
  


« 幸せになるには? | トップページ | 息を吐くことを意識する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36991413

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の動かしかた:

« 幸せになるには? | トップページ | 息を吐くことを意識する »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ