« アセンションについて | トップページ | 過去の結果が現在、未来の原因が現在。 »

2010年9月19日 (日)

良書とは?

  
  
  
私は良い本とは、読んでいる途中も読み終わった後もスッキリ爽やかになるものが良書といわれるのだと思うのです。

喉が渇いているときに、清涼飲料水を飲んだときのようなそんな感じです。 ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔)

そのためには、その本から良い波動が出ていないとダメなのです。

つまり書いている人の心が浄まっているとその響きが読んでいる私たちに伝わって来るのです。

五井先生、于先生のご著書は、神界からの響きそのものなのですが、一般に出ている本でも素晴らしい波動のものがあるのです。

于先生はそんな本を、セミナーの時に紹介してくださいます。

そこでみなさんにも2冊ほどご紹介させていただきます。

きっと爽やかな気持ちになられると思います。




サムライ スピリット 神田瀧夢(かんだろむ) 幻冬舎



アメリカのゴールデンタイムの番組の司会者に日本人で初めてなった人の自伝です。

アメリカに渡ってアメリカ人に伝えたかったことは、日本の心、武士の魂(サムライ スピリット)でした。

武士の武とは、戦うと意味ではなく戈を止める、つまり戦いを止めるという平和の精神なのです。

日本人の和の精神、人と争わない、そして思い遣りの心をアメリカ、そして世界に広めたい。

まさしく世界平和の祈りと同じです。

本の中にも「 May Peace Prevail on earth(世界人類が平和でありますように) 」という瀧夢さんの言葉が出て来るのです。

どんな逆境にも負けない精神は、武士の精神を広めるんだという強い意志から生まれたのです。

読んでいて感動します。

そして瀧夢さんは強いだけでなく、どん底を経験しているので弱い人、落ち込んでいる人の気持ちもわかるのです。

とにかく理屈抜きにめちゃめちゃ面白い本です。
 わーい(嬉しい顔) 本









2冊目


育毛の真理  東田雪子 角川学芸出版



実は私も白髪で悩んでいます。52歳なのであっても当り前なのですが、体は超元気で30歳前半だと思っているのになぜか白髪がかなり多いのです。

わたしだけでなく、若いのにうすい人、抜け毛が気になる人、ケアに悩んでいる人、たくさんおられると思います。

髪とはいったいなんのためにあるのか? という原点を追求してみるとその答がわかるのです。

髪は、頭を守るためにある、髪は血液そのものである、だから人間にとってなくてはならないものなのです。

正しい対処をしていれば、髪はなくなることはない。

髪はいつも私たちと一緒にいる。

神はいつも私たちと一緒にいる。(笑)

髪は頭を守るためにあるので凄く丈夫に強く出来ているのです。

その強い部分をキューティクルといいます。

昔、ワイヤーロープな無かった頃、寺院の鐘を吊り上げるのに女性の髪の毛でなわれた縄が用いられたそうです。

このキューティクルが一本一本の髪にあって頭を守ってくれている。

まるで守護霊、守護神(髪)のようです。わーい(嬉しい顔)

物事は本質がわかってしまえば

後は以外と簡単(シンプル)なのです。

この著者も髪のことで悩んでいる人があまりにも多いことに驚き

その悩みから救おうと髪をとことんまで追求した人です。


その意味では、神田 瀧夢さんと似ているのです。

目からうろこの本です。(世間では、間違ったケア方法が蔓延しているのです)

髪は大事です。

大事な頭を守ってくれるからです。

髪の悩みから開放されます。

是非、読んでみてください。わーい(嬉しい顔) 手(チョキ)





サムライ スピリット 神田瀧夢(かんだろむ) 幻冬舎


育毛の真理   東田雪子 角川学芸出版



  

« アセンションについて | トップページ | 過去の結果が現在、未来の原因が現在。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36821720

この記事へのトラックバック一覧です: 良書とは?:

« アセンションについて | トップページ | 過去の結果が現在、未来の原因が現在。 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ