« 夫婦は磨き合いの場 | トップページ | 悔い改めは永々と時間をかけてするのではない »

2010年9月13日 (月)

運命を変えるための原理

 
  
ある日の日々の祈り

 


まず自分というものは、自分自身で生きているものではなく、何かの大きな力に生かされているものである、という謙虚な心になることが第一であります。

謙虚になった心で、日々神への感謝を行じなければいけません。

自分が現在おかれている不幸とは全く別に、神への感謝に心をこめてゆく練習をするのです。

今、自分がおかれている不幸な環境は、過去世から現在までの誤った想念行為のためなのであって、これからもその運命がつづくと限っているわけではないのです。

ですから、不幸の中にあっても、この不幸は、今迄の間違った想念行為が消え去ってゆくためのものであって、これからは善くなるのだと思いつづけるのです。

そしてその想いと共に守護の神霊への感謝をつづけるのです。

そうすれば必ず善い方向に変ってゆきます。




   
     
        『日々の祈り』 五井昌久 白光出版





 
感想


この文章の中で


自分が現在おかれている不幸とは全く別に、神への感謝に心をこめてゆく練習をするのです。

というのがなかなか出来ないのです。

何事もつづけることが大切でちょっとやってみたけどうまくいかないから止めた(辞めた)では、なるものもならないのです。

テレビなどで発明した人の努力をみていると、普通の人なら諦めてしまうところを信念を持って成功するまで何回も何回もチャレンジしています。

その信念の中に絶対に成功する道があるはずだという強い意志があるのです。

だから失敗は、成功するための道が絞られていく、見つけやすくなったというようにマイナスをプラスと捉えている。

それと同じように不幸が出尽くした後は、善いことがあるという信念が大切なのです。

それも自分一人でするのではなく、守護霊、守護神が過去世(潜在意識)を消して、大難を小難にしてくれている。

大きな不幸が小さい不幸にしてくれているのです。

いつ不幸が出尽くすのか、いつになったら善くなるのか

などは考えずに(それは守護霊、守護神が決めることなのです)

世界平和の祈りの中に自分の想念を入れていけばよいのだと思います。





世界人類が平和でありますように  ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます




  

 

« 夫婦は磨き合いの場 | トップページ | 悔い改めは永々と時間をかけてするのではない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36717337

この記事へのトラックバック一覧です: 運命を変えるための原理:

« 夫婦は磨き合いの場 | トップページ | 悔い改めは永々と時間をかけてするのではない »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ