« 迷う時は守護霊さんを呼ぼう | トップページ | 無限なる癒し (電子書籍) »

2010年9月15日 (水)

無限なる勇気 (電子書籍)

 
  
于先生の電子書籍が発売されて、今日、5冊の本をすべて購入し、パソコンから閲覧してみました。


実際の本と比べてどうなのか?

読みにくいのではないのか?

本の内容、重厚さは伝わって来るのか?


とちょっとドキドキしながら読んだのですが、疑問は無用でした。わーい(嬉しい顔)

拡大、縮小は簡単に出来るし、次のページへの移動もスムーズに出来ます。

重要なポイントに付箋は付けられるし、線も引くことも出来る、印刷も簡単、その他色んな機能が付いています。

まだ使いこなしてはいませんが、やるたびに新しい発見がありそうです。

そしてなんと云っても魅力は、300円で一冊の本が購入出来るということです。

実際に本屋さんに行かなくてもいい、パソコンという本棚に本をしまっているような感覚かな?

これって凄いことだと思うのです。

それに本の中身が実際の本と同様、伝わって来るのです。ぴかぴか(新しい)

今、私は電子書籍で「無限なる勇気」を読んでいるのですが、その中の16ページに書いてある無限なる勇気を抜粋します。

ここには、素晴らしいことが書かれています。ぴかぴか(新しい)

みなさんも是非、電子書籍で于先生の書籍を読まれてみてください。

全部で5冊あるのですが、人間にとって、今の人類にとって必要なことがこの5冊にすべて網羅されていると私は確信しています。


それくらい完璧、パーフェクトな本なのです。









無限なる勇気


皆さんに意識していただきたいこと、それは目的意識をはっきり持つことです。健康、富、調和、愛、希望など、自分の望む姿を具体的にイメージし、意識して日常を送っていただきたいのです。

世の中や目の前に起こる出来事、他人や自分のマイナスに捉われないで、調和に向かっている過程だとみるのです。

特に自分には無理だと自己限定しないことが大切です。

日々の生活でも仕事においても、印、祈りの最中でも注意力、集中力を高めて下さい。

そして多くの経験をし、困難を乗り越え、多くの人に会い、観察し、チェックし、多くの本を読むことで自信をつけていただきたいのです。

時には断念しなければいけないことや、折れなければいけないこともあるでしょう。

それも必要な体験なのです。

そして人生の中で感動と神秘体験を積み重ねていただきたいのです。

東大、京大の学生と先生に

「なぜそんなに勉強をするのか?」とアンケートをしている番組がありました。

すると一番多い答が 「感動したいから」 「極めることによって神秘体験をしたい」 でした。

これはすべての人が求めていることなのです。

実は一番の神秘体験とは印、祈りによって自分が変わってゆくことなのです。

祈りは、感謝と心を静めることからはじめます。

祈りにより自分と周りの空間が爽やかになってゆくのを感じて下さい。

すると勇気は人から与えられるものではなく、自分で創っていくものだということがはっきりとわかってきます。

最大の勇気は爽やかな状態の中にあるのです。

何度も何度も祈るのです。回数を重ねるほど効果がわかってきます。

意識が高くなり、進化すると波長が高く、細かくなり波動がわかるようになってきます。(けれど敏感になりすぎると注意が必要です)

反省と努力を積み重ねながらの実践が勇気に繋がるのです。



  「無限なる勇気」より 于寿明 星湖舎 







電子書籍は

wookという出版社です。

本の名前で検索すると出てきます。


http://my.wook.jp/



初本   調和波動気功法

2冊目  無限なる癒し

3冊目  無限次元への誘い

4冊目  無限なる幸せを体得する方法

5冊目  無限なる勇気






  

« 迷う時は守護霊さんを呼ぼう | トップページ | 無限なる癒し (電子書籍) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36756919

この記事へのトラックバック一覧です: 無限なる勇気 (電子書籍):

« 迷う時は守護霊さんを呼ぼう | トップページ | 無限なる癒し (電子書籍) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ