« 日々の祈り (まことの愛) | トップページ | 神のみ心の中に入る 2 »

2010年8月 3日 (火)

神のみ心の中に入る

  
  
  
人間の肉体は影であって消えてゆくものです。

そしてどんな人でも百数十年もすれば死んで肉体は無くなる。

ものでも(歴史遺産は別として)百年と同じものは残っていない、街の風景とかもしばらく見ていないとすっかり変わってしまっていることに驚きます。

これから30年先がわかったところで、予想してその通りになったところでそんなことはどうでもいいのです。

現在は過去の写し絵なので、だいたい(これから先)のことはわかるのです。

そんな消えてゆくもの、花火のようなものに意識を置くのではなく、永遠につづく魂、心に意識を置かないことには人間は救われないのです。

そして人を救うこともできない。

そんな刹那的な生き方はもうやめましょう。

人間とはいったい何なのか?

それがわかればどうすればいいのか?

そのことを真剣に求めた人だけが本当に救われ、人をも救うことが出来るのです。

このことについて書いた文章があります。

よかったらお付き合いください。



 


神のみ心の中に入る


 
神の子だということがわかるまでは救われない


光になるということが、人間の一番の根本なのですよ。

人間は光なのです。

太陽のような輝く光なのですよ。

みんな光が満ち満ちているんだけれども、残念ながら自分が光であることを知らないんです。

自分は業想念の三界の、肉体の人間だと思っている。

肉体の人間だと思っている以上は、思いこんでいる以上は、これは救われない。

どんな知恵があろうと、どんな知識があろうと、どんなに金を持っていようと、どんなに地位が高かろうと、どんないい行いをしていようと、それは救われには入れない。

いい行いだけをしていれば、いいというものじゃない。

いい行いというのは、前にもいったことがあるけれども、過去世の因縁によって、つまり過去世でさんざん悪いことをしてきて、死ぬ間際にさんざんひどい目にあって、また地獄まで落っこちて、そこでひどい目に会うから、ああ悪いことをしたからこうなったのだ

私は生まれかわったら、いいことをしなければならないんだ、もう悪いことはしない、いいことをしようと思いこんで生まれかわってきた人は、いいことばっかりをするんです。

しかしそれだからといって、神さまがわかっているわけではない。

いいことばかりして、助けたりするけれども、それだけでいいというんじゃないのです。

それだけでいいのなら、神も仏もいらないんです。



これは大事なことです。


いいことをしている、というだけではまだ足りない。

それは前世の因縁でお返しをするために、いいことをしているんだからね。

それは三界(肉体界、幽界、霊界)のこと、業想念の中のことなのです。

それだけじゃまだ足りない。

何が足りないかというと、人間の本体が神から来ているんだ、神さまの子なんだ、ということがわからない以上はだめなのです。

神の子だということがわかるまでは、本当の救われに入らない。




                 つづく





感想
 

さて、ここまでのところを読んで、目からうろこでした。

私たちはいい人であればもうそれでOK

いうことなし

と思っています。

でもそれは前世で相当悪いことをしていた人が反省として

今はいい人になっているだけに過ぎない

そんなことはどうでもいいんだ

とそこまで五井先生は言っておられるのです。


厳しいなぁとも思いますが

だったら

いい人といわれている人の魂が救われているか?

いい人と言われている人は本当の意味で真実にいい人なのか?

は別問題なのです。

この先を読んでいくともっと深い真理がわかります。

明日、又続きを書きます。
ペン




世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)





             



  
  

« 日々の祈り (まことの愛) | トップページ | 神のみ心の中に入る 2 »

コメント

りドル様

もちろんかまいませよ happy01

五井先生のお話はどれも素晴らしいので使っていただけたら私も嬉しいです。

これからもことわりもいりませんからよかったらいくらでもコピーしてください。

これからもよろしくお願います。

 

はじめまして、こんにちは。
突然すみません。 
 メールで・・、と思ったのですが、アドレスが見つからなかったのでコメント欄で失礼致します。
以前からブログを拝見させて頂いております。 
五井先生の「不動の心」(神のみ心の中に入る1)のお話を 私のブログでも紹介したいと思いまして、・・・ コピー転載させて下さい。
(「不動の心」を持っていないもので・・・)
 宜しくお願い致します。

リドル♪
http://mppoe.exblog.jp/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36011878

この記事へのトラックバック一覧です: 神のみ心の中に入る:

« 日々の祈り (まことの愛) | トップページ | 神のみ心の中に入る 2 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ