« 日々の祈り (人間の本質) | トップページ | 親の心がまえ »

2010年8月16日 (月)

どんな仕事にも真剣に立ちむかえ!

  

    
夏休みの間(3日間ですが)、パソコンのない妻の実家で本を読んでいました。本

日々の祈りは、その日に書いてあることでピンと来たことを書こうと思っていたのですが、他の日に書いてあることでもかなり響く言葉があるのです。

ですから、日にちには関係なく自由に書いていこうと思います。

そこで今から書き写していくのは仕事に関することです。

私たちは何故、今の仕事が自分に与えられているんだろう?と考えることがあります。

そして

「もっと違う仕事がしてみたい」

「もっと自分を分かってくれる上司に巡り会いたい」

「もっと給料を多くくれるところがいい」

・・・・・・・・。

と思ってしまいます。

私も少なからずそんなことを考えていたのです。

目からウロコでした。目

よかったらお付き合いください。


 
 


12月2日の日々の祈りより


 
人間には、できるできないはひとまずおいて、何事にも真剣に取り組んでゆくということが必要なので、いいかげんな態度で世の中を渡ってゆこうとするぐらい嫌なことはありません。

与えられた職業はそれがどんな職業でありましょうとも、その人が永遠の生命をしっかり自己のものとするための一つの経験として与えられているものでありまして、その人に必要でない経験は現われてこないのです。

ですから、自己がおかれている環境に不満をもって、与えられた仕事を怠るようであったら、そうした経験を魂の底にしみこませられるまで、同じような環境をぬけきることはできないのです。


どんなつまらなそうな仕事に対しても真剣に立ち向かわなくてはいけないということです。




 
 

 

感想

この日々の祈りは多分、12月2日にも繰り返し書き写すと思うのです。(笑)

それくらい響きました。

特に


その人に必要でない経験は現われてこないのです。


の部分ですよね。


これは仕事だけでなく、私たちの目の前に現われてくる、あらゆる現象に言えることなのです。

人間は進化向上するために生まれて来ている

今、地球上にいることもそのためなのです。

宇宙には無駄なものなど一切存在しないのです。

だから私たちがしている経験も一切の無駄もない。

成長する為に必要なものだから現われて経験しているのだ

だからいらないことは考えずに

与えられた仕事を一生懸命にしていればいい

そう思うとすごく気持ちが楽になってきたのです。わーい(嬉しい顔)

私たちは今のことを一生懸命にする前に

「これでいいのか?」

を思い、考えてしまいます。

順序が逆なんですね。

そして

「これでいいのか?」



私たちが考えることではなく

守護霊様、守護神様が考え

与えてくださることなのです。

お金も仕事を与えられるものだと思います。

給与って

与え給うって書くんですよね。



  

世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)



  

« 日々の祈り (人間の本質) | トップページ | 親の心がまえ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36190540

この記事へのトラックバック一覧です: どんな仕事にも真剣に立ちむかえ!:

« 日々の祈り (人間の本質) | トップページ | 親の心がまえ »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ