« 本当の愛とは (生命の一体観を) | トップページ | 相手の因縁を思いやれ »

2010年8月22日 (日)

人間は誰かに愛されたいのです

  

  
ある日の日々の祈り


 
愛のない説教などは個人指導においては、なんの効果のないばかりでなく、かえって人の心を傷つけるぐらいなものであります。

私は私のところにくる人々には、声にでる言葉で説くよりは、世界平和の祈りを心のなかでしながら、特にその人の天命のまっとうされることを、守護の神霊に祈ってやりなさい、と教えているのです。


人は愛されたいのです。人類すべてに愛が必要なのです。


愛とは説教でも小言とでもありません、柔かい温かい明るい光の波であります。


全身全霊から愛の光がほどばしりでますように、愛の光でみちみちている自分になりますように、私たちの祈りは、世界平和の祈りを根底にして、こうした愛の祈りの日常生活でありたいものです。




    
            「日々の祈り」 五井昌久 白光出版





   

« 本当の愛とは (生命の一体観を) | トップページ | 相手の因縁を思いやれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36297761

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は誰かに愛されたいのです:

« 本当の愛とは (生命の一体観を) | トップページ | 相手の因縁を思いやれ »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ