« 日々の祈り (煩悩即菩提) | トップページ | 日々の祈り (人間の本質) »

2010年8月14日 (土)

日々の祈り (宗教の極意)

     
  
8月15日の日々の祈り


 

人間は現在現われているすべての状態を、実際に今起こっている状態と思いがちですが、今、現われている状態というのは、過去において、人間の心の波のなかにあった状態が、今消えてゆこうとして現われてきているので、そうした消えてゆく姿を把えて、どうのこうのといっていることは、ちょうど幻影をつかんで騒いでいるのと同じことなのです。


この真理を知ることが宗教の極意でもあるのです。


今、私たちが想念し、行為していることは、未来の世界にその結果が現われてくるのですから、過去の現われである現在の状態は、すべて消えてゆく姿と観じて、今、世界平和の祈り一念で生きてゆくことこそ、唯一無二の賢明なる生き方となるのです。





  
          日々の祈りより 五井昌久  白光出版





 


感想


今日は、8月14日なのですが、私はこれから奥さんの実家に里帰りするので、15日の分を今書いています。


先程書いた14日の日々の祈りとすごく共通している部分がありますよね。

ここで大切なことは、今起きていることは過去世がそのまま現われることもある、大難が小難になることもある。

どうなるか、肉体人間のわたしたちにはどうすること(コントロールする)も出来ない。

だからどんなことが起きようと

私たちは未来に善いタネを蒔いていくしかないんだ。

「その最上の方法が世界平和の祈りなんだ」

ということだと思うのです。

今、善いタネを蒔いて行けば

未来も変えられる

そして過去も変えることが出来るのです。

それは現在から未来のベクトルを変えれば 右斜め上

過去のベクトルも変わるからです。左斜め下

過去も未来も変えることが出来る

それが時空を超えるということなのです。

宇宙を生きるということなんです。

世界平和の祈りは宇宙の願い事なので

時空を超えているのです。 わーい(嬉しい顔)手(チョキ)






世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)





  

  

« 日々の祈り (煩悩即菩提) | トップページ | 日々の祈り (人間の本質) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36160095

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の祈り (宗教の極意):

« 日々の祈り (煩悩即菩提) | トップページ | 日々の祈り (人間の本質) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ