« 本当の自由とは 3 | トップページ | 日々の祈り (宗教の極意) »

2010年8月14日 (土)

日々の祈り (煩悩即菩提)

  
  
8月14日の日々の祈りより


すべての業想念は、人間の神性が現われるための、不要なる波の消えてゆく姿であるとして、その消えてゆく姿を縁にして、いよいよますますふかぶかと、神のみ心のなかに入ってゆくのでなければ、自分を愛し、自分を赦すことはできません。

煩悩即菩提という仏教の言葉を、容易に何気なく実現させるのが祈りであるのです。

そしてその祈りを個人人類同時成道の祈りにまで、広めたのが世界平和の祈りなのです。

私たちが世界平和の祈りを根底にして生活してゆく時、力まず気張らず、自分を愛し自分を赦すことができてくるのです。

そして自分を愛し自分を赦す、ということが真実にできれば、それにつれてひとりでに、人を愛し人を赦すこともできてくるのであります。




    
          日々の祈りより  五井昌久  白光出版








 
感想


久々に日々の祈りを書き写してみました。

日々の祈りは365日分あるのですが、毎日読んでいてピンと来るものと来ないものがある。

そのときの心境によって以前読んだときには、何にも観じなかったのに今は響いてくるということがあります。

心境とは日々、瞬々刻々、変化しているものなんだなぁとわかります。

自分が響いたものでないと読んでくれている人たちも響かない、よって毎日書かなくてもいいと思ったのです。

そして書きたいと思うものだけを書く

というスタンスで日々の祈りも書いています。

さて、最近の私の日記には消えてゆく姿が頻繁に出てきます。

実は、この消えてゆく姿の説明がほんとに難しい!

これが本当にわかれば、生きて行くことが辛く無くなる

悟った状態・・・・。

つまり菩薩様の心境になるのです。

ここで私なりの消えてゆく姿を述べてみたいと思います。


今、私たちの目の前に起っていることは、今ではない

過去においての自分の思っていたこと、してきたことが時間差を経て

現われてきているのです。

ずっと前に蒔いた種が今実っている

悪いタネを蒔いたのなら悪い結果が現われ

善いタネを蒔いたのなら善い結果が現われる

これは宇宙の法則、天の法則、自然の法則です。

では、悪いタネがそのまま写ってきているかというと

そうではない

過去世で人殺しをしていたのなら、本当に殺されるか?

もしそのままであったなら、命がいくらあっても足りない。

それは、過去世(潜在意識の世界である幽界)を守護霊様、守護神様が必死になって消してくださっているからです。

でも完全に消えないものがある

それが大難が小難になっている。

殺されてもしかたがないことが殴られるくらいで済んでいるのです。

なぜそうなるか?

それは私たちには守護霊様と守護神様が、私たちが出来るだけ苦しまないように、幸せになるように守ってくださっているからです。

ですから、今現われていることは、過去世でのことであり、それも大難が小さな難で現われて、そして消えてゆこうとしているのです。

でも、私たちはその消えてゆこうとしている姿(現象)をつかんでいる。

「なんであいつに殴られなきゃいけないんだ、俺は何にも悪くないのに」

と腹を立てて、相手を殴り返したり、恨みに思ったりしているのです。


そして殴るとまた殴り返され、恨みに思うとその想念が残って未来に続いていく。


その繰り返しをしているのです。


守護霊、守護神様が

せっかく消して(小さくして)、清算しようとしてくださっているのに


消しゴムで消した後から


又、人間が書いてしまっている


それが地球人類が、次元の違う、進化した星に昇進?出来なかった理由なのです。

アセンションに6回失敗して来た原因なのです。げっそり

でも、それはしかたがなかった

真理を知らなかったからです。

真理(消えてゆく姿)が難しかったからです。

真理がわかる時期ではなかったからです。

でも、五井先生が消えてゆく姿を説いて

人間が自然に悟るメソッド(方法)を教えてくださった

それがここに書いてある煩悩即菩提なんですね。

煩悩、つまり人間が菩薩(神様、仏様)になる

ということです。

世界平和の祈りを祈っていると

自然とそうなっていくのです。

なぜなら、世界平和の祈りとは

神様の中にすっぽりと入ってしまう祈りだからです。




世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



   

« 本当の自由とは 3 | トップページ | 日々の祈り (宗教の極意) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36159112

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の祈り (煩悩即菩提):

« 本当の自由とは 3 | トップページ | 日々の祈り (宗教の極意) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ