« 相手の因縁を思いやれ | トップページ | 自己の職場に真剣に打ちこめ »

2010年8月22日 (日)

自他を生かすもの

  
  
ある日の日々の祈り
 

  
愛とは、自分の生命をいかすと同時に、他の生命も生かすものでなければなりません。
 

愛することによって、自分の生命がいきいきとし、愛されることによって、その人の生命がいきいきとしてくるものでなければなりません。

自他の生命がいきいきとし合うようでなければ、それは真の愛とはいい得ないのであります。
 

ところが現実は、愛するという名目の下に、相手を縛り、自己の生命の自由をも縛りつけている恋愛や、親子愛が、いかに多いことでありましょう。

自己が楽しむために人を愛そうとしても、それは愛ではありません。

それは自己主義の業想念であります。

自分というものがその人の想いのなかにあることは、もうすでにその人を愛から引き離しているのであります。

          「日々の祈り」 五井昌久  白光出版




   

« 相手の因縁を思いやれ | トップページ | 自己の職場に真剣に打ちこめ »

コメント


愛にはいろんな愛(段階)がありますよね。

成長とは、愛のレベルをあげていくことのような気もします。

愛の行為も意識しなくなったらきっと素晴らしいんだと思います。

愛は尽くす喜び、見返りを求めない親愛。
生きる喜びを満たす、愛。
生きる意欲を応援する愛。
共生しようとする願いでもあります。

少し狂った表現しかできない悲哀。
愛を通り過ぎる溺愛や渇愛。

そっとしておくのも深い愛情の表われ。

陽の光や空気のように必要とするだけ与えられる、無償の愛。

束縛なく、自由自在に生きる、自愛の泉。
愛に包まれて生かされる此の世、
考え方、思いの致す方向に愛の明かりが灯ります。
愛は素朴にして素直、人を信じる道なのでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36298192

この記事へのトラックバック一覧です: 自他を生かすもの:

« 相手の因縁を思いやれ | トップページ | 自己の職場に真剣に打ちこめ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ