« 竜馬伝におもう | トップページ | 守護霊守護神に代わってあなたに語る 全27 »

2010年8月24日 (火)

こう生きよう

  
  
ある日の日々の祈り

 


あいつは嫌な奴だ、と思った時、その想いを世界平和の祈りに変えるのである。

憎悪の感情、妬みの感情、不安の感情が起った時、ちょっと意志を強めて、世界平和の祈りに想念をむけかえるのだ。

自分が失敗をしてしまった時、他人が失敗をしてしまった時、自分の心を傷つけ、他人の失敗をとがめる想いを、世界平和の祈りにむきかえてしまうのである。

日常坐臥(にちじょうざが)、あらゆる時間、私たちは世界平和の祈りの中に、自己の想念をおくのである。

私たちの正しい生き方は、世界平和の祈りの中から、さわりなく、誤りなく、自然法爾(しぜんほうに)的に日常生活の行動となってゆくのである。

真実に存在するものは神のみであり、その他のいかなる存在も、すべて消えてゆく姿である。




  

          「日々の祈り」 五井昌久 白光出版



 


  
感想


私たちは

日常生活を送っていくなかで

「あいつは嫌な奴だ」

と想うのはそれこそ

日常茶飯事です。

そして

「なんでいつもこんなことで感情を振り回されるのだろう?」

とその嫌な奴か、自分(寛容になれない自分)を責めてしまうのです。

私も随分、そんな想いを繰り返してきました。

そして自己嫌悪に陥っていたのです。

でも最近

嫌なことがあっても、嫌な奴が現れても

世界平和の祈りの中で日常を送っていると

いつの間にか

穏やかになっている自分に気づいたのです。

理屈ではないのです。

自分のもろもろの想念を世界平和の祈りのなかに入れていけば

感情が早く消えてゆくのです。

一瞬で消えることもある

穏やかに過ごせるのです。

人間は自力では心をコントロールすることは出来ないのです。

肉体人間よりももっと大きな力(守護霊、守護神)を借りることで感情を消すことが出来るのです。

目に見えること(3次元的なこと)は、自分でやり

見えないこと(自分の心や他人の心などのコントロール出来ないこと)は、目にみえない世界を司っている、守護霊守護神にお任せしたらいいのです。

この世の生活は

自分の努力と、守護の神霊との共同作業で整っていくのです。



 

世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)




  

      

« 竜馬伝におもう | トップページ | 守護霊守護神に代わってあなたに語る 全27 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36333739

この記事へのトラックバック一覧です: こう生きよう:

« 竜馬伝におもう | トップページ | 守護霊守護神に代わってあなたに語る 全27 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ