« 人間は誰かに愛されたいのです | トップページ | 自他を生かすもの »

2010年8月22日 (日)

相手の因縁を思いやれ

  
  
  
ある日の日々の祈り


 
どんなに業因縁の深い人でも、信仰の浅い人でも、それはあくまで過去世からきているものであって、その人自身ではどうにもならぬ運命なのであります。

そうした悲運の人々をおまえは信仰が浅いと責めたとて、いったいどうなるものでありましょうか。

私は私によってくるそうした人々は、ただ黙って受けとめて、ひたすら神の光明をその人々の肉体、幽体、霊体にあてているだけなのであります。

業因縁の薄い人、はじめから信仰心の深い人は、実に幸せな人であります。

その人々はみずからの信仰心の深さを、祖先の人々に感謝しつつ、世界平和の祈りを一層なしつづけ、業因縁の深い人、信仰の浅い人々の天命のまっとうされる応援をしてあげるとよいと思います。




    

             「日々の祈り」 五井昌久 白光出版





  

« 人間は誰かに愛されたいのです | トップページ | 自他を生かすもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36298084

この記事へのトラックバック一覧です: 相手の因縁を思いやれ:

« 人間は誰かに愛されたいのです | トップページ | 自他を生かすもの »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ