« 周りの評価を気にしないでほしい | トップページ | 本当の自由とは 3 »

2010年8月12日 (木)

本当の自由とは 2

  
   
  
もっと言い換えますならば、人間は肉体を持っているので、その五尺何寸という肉体の枠の中に把われてしまうと、たとえどんなに富があって、どんなに自由があるように見えても、それは本当の自由ではない。


ところが、人間は肉体ではなく生命そのものなんだ、神の分け生命なんだということが判りますと、たとえ肉体がどういう状態になったとしても、それに把われることがなくなります。


それが生命の自由を得るということになるわけなんです。 (前文より)





把われたら把われたでいいから、消えてゆく姿と思うことが大事




ところがそれは理屈であって、実際問題として病気になったら病気に把われるし、貧乏になったらどうしたら貧乏が直るのかを考えます。
 

または、社会のことや世界の情勢を考えて、そこに把われたりもするわけですよね。
 

そこで私がいつも、そういう把われはすべて消えてゆく姿なんだ、病気も消えてゆく姿、貧乏も消えてゆく姿、不完全なこの世の現象は、みんな消えてゆく姿で、それはどんどん、どんどん、消えてゆくんだ。
 

だから、把われる想いがあったら、把われたでいいから、それは消えてゆく姿と思いなさい、と言うでしょう。

 
把われたら把われたらでいいから、と言われると安心して、消えてゆく姿、と思えるわけですよ。
 

そうすると、だんだん把われなくなってくるわけ。


人間というのは面白いもので、思うまいとすると、かえって思うようなことがある。
 

空になれ、空になれ、と言われると、空という言葉に把われてしまって、なかなか空になれない。

 
統一しろと言われると、統一に把われてしまう。
 

だから、それらに把われる想いがすべてなくなった時に初めて、本当の自由が得られるわけですね。
 

ですから、本当の自由を得るためには、簡単に言えば、神の生命の中で自分は生かされていて、何事も肉体の自分がやるんじゃなくて、神様がやってくださるんだ、という想いになりきることです。





自分が自分を自由にする



そして、いわゆる喜怒哀楽の想い、喜びはまだいいとして、悲しみの想い、妬みの想い、怒りの想い、そういうものは、出すまいと思うより、消えてゆく姿だと思うと、今度は出なくなるわけね。
 

そういう想いは、いいことではないに決まっています。
 

誰だって怒っていいことはないし、恨んでいいことはないんです。
 

それは、当り前の人間なら誰でも判りますね。
 

 でも、いけないということは判るんだけれども、どうしても出てきてしまうわけです。

 
そこで、出てきた時に消えてゆく姿と思うと、現実に現われないで、目に見えないうちに消えてしまうわけです。
 

そして、平和の祈りの中に入ってしまう。
 

そうすると、次第、次第に、生命の自由を得ることが出来るわけですよね。

 
だから、本当の自由というのは、形の世界ではないんだ、形の世界でいくら富を得たって、いくら健康になったって、それは本当の自由ではない。

どんなに政治、政策が変わり、世の中が変わっても、本当の自由になるわけじゃない。


自分が自分を自由にするのであって、他人が自由にしてくれるわけでもなければ、物質が自由にしてくれるわけでもなければ、地位や権力が自由にしてくれるわけでもないんだ、ということなんですね。



              つづく


 


             五井先生の講話より










感想


把われるというのは、別の漢字では、捉われる、囚われる、捕われる、と書きますが、心が縛られた状態を言います。げっそり
 


心とは光の波動体(エネルギー)で出来ていて、いつも川の流れのようにサラサラと流れているのが、スッキリ爽やかな状態なのです。



何も想わない、心に何もひっかかるところがない


幼子のように無邪気で余計なことに思い煩うことのない


無邪気に遊んでいる子どもの姿を見ると

「子どもって何にも考えていない、心配することもない、いいなぁ」

「あの頃に戻りたいなぁ」

と思いますよね。わーい(嬉しい顔)

その子どもの心の状態がとらわれのない、状態なのです。

エネルギーがサラサラと流れている

人間とは本来、この状態が正常なのです。

心が健康体なのです。

しかし、私たち大人(人間)は色んなことを思い煩い
 

心のエネルギー体に大きな石(意思)を置いてしまう
 

川の流れに想い(重い)という障害物を置いてしまうのです。
 

すると気(エネルギー)が滞ってくる。

気(エネルギー)が病んでくるのです。

それが病気なんですね。げっそり

この病気の状態をどうしたらいいか?

それは、自分という小さな川を

宇宙という無限の、とてつもなく大きい川(流れ)の中に

入れてしまえばいいのです。

それが世界平和の祈りなのです。

世界平和の祈りは

宇宙神の願い言葉なので

とてつもなく大きいのです。

どんなマイナスのエネルギーも

光に変えてくれるのです。ぴかぴか(新しい)

過去世の因縁も消してくださるのです。


そして、宇宙天使たちの救世の大光明が輝いて

私たちを救ってくださるのです。


本当の自由とは


心が宇宙大に拡がった状態をいうのです。ぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔) ∞






世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます




  

« 周りの評価を気にしないでほしい | トップページ | 本当の自由とは 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/36132134

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の自由とは 2:

« 周りの評価を気にしないでほしい | トップページ | 本当の自由とは 3 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ