« 3次元と4次元、多次元とのバランス | トップページ | 日々すべきこと »

2010年7月15日 (木)

如是我聞 (にょぜがもん)

  

  
1.どんな貧乏な家庭に生まれようと、どんな病弱な体であろうと才能がないと自分で思っていようと、真剣に生きれば必ず芽が出る。

  私は体験として断言出来る。

一日一日、一瞬一瞬を真剣に生きる人が勝利を得るのである。

人間には何かしら必ず天与の才が与えられているのである。




 

1.現われてくるのは、すべて過去世からの因縁で現われてくる。今の自分はその人になんにもひどいことをしていないけれど、過去世からの想いの中には、相手にひどいことをしたことがあったわけ。

そうでなければ、相手にひどいことをされるわけがない。それは因縁因果の法則なんだ。けれど、それをいつまでも繰り返していたのでは、輪廻転生して、いつまでも争いの波がおさまらないわけです。

いかに自分の立場が悪かろうと、自分の心を乱すことはいけないこと。相手を傷つけることはいけないこと。ということがわからないと、本当の世界平和はこの地球界に出来ないし、本当の安心立命が得られないのです。





 
1.調和を乱す心は、神のみ心をけがすことである。例えば、相手は悪く自分は正しい、という時、相手が無理難題を吹きかけ、意地悪をして来た場合には 「このヤロウ張りとばしてやろう」と思うでしょう。

普通では無理もない感情です。しかしそれは自分の心を乱したことになるから、自分が損をすることになるのです。

自分が損をするということは、神のみ心をけがすということになるのです。

相手がどうだから・・・・・・というかもしれないけれど、相手とは関係ないのです。

自分一個の問題なのですよ。

相手がどんなに悪い奴でも、いじめてきても、こちらが怒りの想いや、恨みの想いなどを出したりすれば、それは自分の本心を乱したことになるわけですから、神のみ心にかなわないのです。

それが消えてゆく姿ということなのです。しかし、そうした想いは中から押し出されて出てくるので、縁にふれて出てきたら、消えてゆく姿だと思って、祈りの中に入れることです。

一生懸命なくすように祈ることです。

 


           

                  
五井昌久





世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます




  

« 3次元と4次元、多次元とのバランス | トップページ | 日々すべきこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/35759156

この記事へのトラックバック一覧です: 如是我聞 (にょぜがもん):

« 3次元と4次元、多次元とのバランス | トップページ | 日々すべきこと »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ