« 人は適当なのです。 | トップページ | みなさんもやってみてください♪ »

2010年7月 5日 (月)

日々の祈り (空の境地にならせる )

  

   
7月5日、日々の祈りより 空の境地にならせる



仏教で空の境地をしきりに説いているのは、それまでの知識や経験のすべてを捨ててしまって、無色透明になれ、無色透明の心になれば神の光が、そのまま入ってきて、神仏そのままの行為が自然にできる、というのである。

しかし、この肉体人間はなかなか空になることができないので、私は空になれなどと説かず、頭脳をかけめぐる想念は、やがておのずと消え去るのだから、そのままかけめぐらして、ただひたすら、自分の過去世からの心の汚れを浄めていて下さる守護霊守護神に感謝をしつづけなさい、そうしているうちに、自然と空の境地と同じように、自分の内部の光と神仏の光と一つにつながって、自己の日常生活の言動行為となって、神のみ心が現われてくるのです。

と説いている。





         日々の祈り  五井昌久  白光出版





 

感想


仏教や宗教に興味のない人でも、お釈迦様が説いた“般若心経” くらいは知っていると思います。


そこに出てくる、色即是空、空即是色、 はあまりにも有名です。


でも、この意味が本当にわかっている人は、お坊さんでもほとんどいないと思います。


それは、この教えはお釈迦様が一番弟子の舎利弗(しゃりほつ)いうお坊さんに説いたものであり、この知恵者のしゃりほつだけが理解出来る教えであったからです。

つまり意識がしゃりほつ以上の境地に行っていないとわからないという教えなのです。

例えば、天才イチローの境地とは、そのレベルのところまで至った人でないとわからないのであれば、ほとんどの人には理解出来ないということなのです。

お釈迦様の一番弟子のレベルとはまさしく空そのものですよね。

空とは、なにも思わない、何も考えない、ただ意識を仏(神)様に合わせているだけ・・・・という物凄い境地なのです。

それくらい高い、高~い境地だからこそ、3次元の汚れた想念を浄化することができるのです。

余談になりますが、お釈迦様の説いておられる 空 の境地を知りたい方は是非

五井先生の 空即是色 を読んでみてください。

五井先生は、お釈迦様の境地まで行かれた方なので、五井先生の中にお釈迦様がおられるのです。

だから五井先生が書かれたものではなく、お釈迦様が書かれた、般若心経、空即是色 そのものなんですね。


話がまた飛んでしまいました。(笑)


人間は、この空という境地、つまり心境にならないと本当の幸福感は味わえないのです。

空とは、自分の本心につながった“状態”なのです。

肉体という感覚を超えて、宇宙とつながった状態です。

宇宙に本当の故郷(自分がいる)があるんだ

ということをお釈迦様は説いておられたのです。

宗教とは、宇宙を示す教えなのです。

宗とは又、もとという意味でもあります。

つまり原点(宇宙)のことなのです。

アセンション(次元上昇)とは、人間がみな 空 になるということなのです。

宇宙(本心)とつながるということなのです。



そのために世界平和の祈りが天から降りて(五井先生に)来たのです。

世界平和の祈りとは宇宙(自分の本心)と共鳴する言霊なのです。




世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護霊様ありがとうございます



 


推薦図書


『空即是色』 五井昌久 白光出版 




  

« 人は適当なのです。 | トップページ | みなさんもやってみてください♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/35644502

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の祈り (空の境地にならせる ):

« 人は適当なのです。 | トップページ | みなさんもやってみてください♪ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ