« 日々の祈り (空の境地にならせる ) | トップページ | 幸せとは? »

2010年7月 5日 (月)

みなさんもやってみてください♪

  

   
キリストの十字架、プラス、マイナスの+とは、縦のエネルギー(宇宙)と横のエネルギー(3次元)が交差していることを意味しているのです。


人間はこの目にみえない縦(神からの)のエネルギーと目にみえる世界━(3次元)とのバランスをとっていくことが大切なのです。

天から受け取った縦のエネルギー ┃ を 横 ━ と地球の下に↓に滝のようにスムーズに流していくのが人間に与えられたミッション(使命)なのです。


そしてこれが交差したところが十字架であり+の意味なのです。


これを人間の身体でいうと下丹田(かたんでん)というところになります。


へその下3.5センチと肛門を結んだちょうど真ん中が下丹田なのです。

人間の一番気が静まるところ、落ち着くところ、マイナスのエネルギーを受けないところ、いらないことを考えない、空になれるところ、エネルギーが一番動くところなのです。


私は下丹田(かたんでん)を意識をするとなぜか幸せな気持ちになれるのです。わーい(嬉しい顔)


それはそこ(下丹田)が宇宙の入り口になるからです。


そこからずっと意識を後ろ(肉体を外して背中よりもずっと後ろ)に引いていくと、幽界を通り越して霊界、神界へと入って行ける道があるのです。

下丹田はその玄関なんです。わーい(嬉しい顔)

そこを入口として自分の本心がある天界、宇宙へと入っていけるのですから安心感があるのです。

「ただいま~」 と家の中に入る前の心境になるのです。


わたしだけでなく、みなさんもきっと同じになる。

そう思って今、私はこれを書いています。ペン

みなさんなかなか幸せ感を味わうなんてないと思うのです。

どこかにいつも不安があると思うのです。

そんなとき

私のいう

下丹田(かたんでん)という場所を意識してみてください。


意識しにくいといわれる人は肛門でもいいです。(かなり近いからです)

そこに小さな自分が居るんだとイメージしたり、下丹田で自分が光のカプセルに入っていると思ってグルグル廻してみてください。

するとマイナスの想いも消えてゆくのです。

業消しが出来るのです。


はらわたが煮えくりかえるとか

へそで茶を沸かすとか

言いますよね

それは下丹田がものすごいエネルギーを持っていることを昔の人は知っていたのです。

肉体の中で一番エネルギーが集まっているのはこの下丹田なのです。

宇宙は進化し続けています。

宇宙は止まることは許されないのです。

無限小、無限大

集まっては、拡がっていきます。

集合離反

その宇宙の進化を司っているところが

人間でいう下丹田なのです。

人間は小宇宙です。

宇宙の子どもです。

だから人間にも宇宙の進化の元となる場所があるのです。

それがここで言っている

下丹田なのです。

そこから宇宙へとつながっているのです。

だからみなさん下丹田を意識してみてください。

なんだかわからないけど

幸せな気分になるはずです。

そしてそこを意識しながら

世界平和の祈りを祈ってみてください。

それだけで

あったかい

幸せな気持ちになれるのです。


その後はもう統一の世界に入って行きます。

完全に宇宙へとつながる道なのです。

そのメソッド(方法)は

于先生ご著書の

無限なる幸せを体得する方法 に書いてあります。


http://homepage2.nifty.com/hmwave_goldendoor/sub3.html


みなさん、どんどんと宇宙へとアクセスをして行ってくださいね。

みなさんの本心はそれを願っているのです。わーい(嬉しい顔)




世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)



  
   


 

« 日々の祈り (空の境地にならせる ) | トップページ | 幸せとは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/35646341

この記事へのトラックバック一覧です: みなさんもやってみてください♪:

« 日々の祈り (空の境地にならせる ) | トップページ | 幸せとは? »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ