« 日々の指針 | トップページ | 何も考えずに祈り込む »

2010年7月 2日 (金)

日々の祈り (悟りとは)

 
  
悟りとは、本心と自分とが全く一つになるということなのであります。

迷ったり、怒ったり、恨んだり、妬んだり、哀しんだり、恐れたり、執着したりする想念というものを、ハッキリ、自分ではない、と思い定めることなのです。

自分とは、神と一つである本心そのものであり、もろもろの想念は、過去における自分の迷いの足跡が、今現われて消えてゆく姿である、と思い定めることなのであります。

自分が自分の創造主であることを知ること。

つまり自分が神の使命達成の一員として、神の世界から天降って、この地上界に神の生命をはな咲かせつつある者であることを知ることなのです。


 


   日々の祈り 悟りとは(6月26日)五井昌久 白光出版




 

感想


悟りとは心(本心)と吾(肉体人間の自分)が一つになるという意味です。

本心はどこにあるのか? 

というと私たちの本当の故郷である宇宙なのです。夜

宇宙へはどうやったら行けるかというと

心を鎮めて感じない波動圏のずーと奥に入っていくと行くことが出来るのです。

お釈迦様が弟子たちに座禅観法させた方法です。





 宇宙神 (本心)
 ↑
 神界
 ↑
 霊界
 ↑
 幽界 (業想念、迷いの世界)
 ↑
肉体界


 

 
図にするとこうなるのですが、私たちは肉体しかないと思っていたり、あるいは肉体に執着するあまり、肉体界と幽界、あるいは霊界の低いところを行ったり来たりしているのです。(このことを輪廻転生といいます)


だから迷ってばかりいる。げっそり


本当の自分はずっと奥に居るのに・・・・・。


ここに書いてある


迷ったり、怒ったり、恨んだり、妬んだり、哀しんだり、恐れたり、執着したりする想念というものを、ハッキリ、自分ではない、と思い定めることなのです。


このような自分は幽界の世界にどっぷりと浸かっている状態なのです。


こんな自分を本当の自分だと錯覚しているのです。


本当の自分とは、宇宙に居て


そこから地球という肉体界に降りて来ているのです。(天降っている)

天下りって3次元では、退職した官僚などが民間企業へ優遇されて再就職するときに使われたりしているけどそんな意味ではないのです。

私たちは、宇宙にいたことを忘れているのです。

天界にいたことを覚えていないだけなのです。

気を鎮めて、下丹田(かたんでん)、へその下3.5センチからずっーと後ろに意識を引いていくと感じない世界へ入って行きます。(このことを統一といいます)

その奥に霊界、神界、宇宙があるのです。

アセンションとは意識が宇宙につながることをいうのです。


つまり本心とつながるんですね。


世界平和の祈りを祈りながら統一をすると宇宙とつながりやすくなるのです。


 

世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます







 


追伸


正しい統一の仕方が書いてある本が



『無限なる幸せを体得する方法』 于寿明 星湖舎 です。


http://homepage2.nifty.com/hmwave_goldendoor/sub3.html


人間は、本心(宇宙)と繋がらない限り、幸せにはなれないのです。

本当の自分を知ることがこの世的などんなことよりも一番幸せなことなのです。


私たちは本心とつながって、肉体界に本心を顕すために生まれてきたのです。わーい(嬉しい顔)



  

 

« 日々の指針 | トップページ | 何も考えずに祈り込む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/35607697

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の祈り (悟りとは):

« 日々の指針 | トップページ | 何も考えずに祈り込む »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ