« “腰割り”トレーニングに隠されたすごい秘密 | トップページ | 日々の祈り (空の境地にならせる ) »

2010年7月 5日 (月)

人は適当なのです。

 
  
  
「人は適当に相手の事を言っている、最終的には自分が納得しないと・・・」


私たちは人の反応を見ています、相手の人が自分に対してどう思っているのか?

でも自分も相手もまったく違う世界に住んでいるのです。

意識が違ったらそれは別世界です。

天国に住んでいる人もあれば、地獄のような心境に住んでいる人もいる。

家族であっても、親しい友だちであったとしても一緒に居ても


“心が住んでいる場所”


は全然違うのです。



違うのに判ってもらおうとする

判ってもらえないと自分を責めたり相手を責めたりする。

「私はあなたのことを我事のように心配しているんだよ」

と言っているけど、自分と違う世界のことなんて判っている人なんていないのです。

みんなわかっているつもりで適当に言ったりしているだけなのです。


だからそこに依存したり、期待をしたりするとあまりにもいい加減で適当なことにがっかりするのです。

そんなことより自分が納得することの方が大切です。

自分の世界を確立させる方が先なのです。

相手の世界への自分の影響を考えるよりも

自分自身がどう納得するかの方がずっとずっと大切なんです。

しんどくなるときって

相手にわかってもらおうとしているときです。

相手は放っておいたらいいのです。
 

だって 人は適当 なのだから・・・・・・。



  

 
 

« “腰割り”トレーニングに隠されたすごい秘密 | トップページ | 日々の祈り (空の境地にならせる ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/35643089

この記事へのトラックバック一覧です: 人は適当なのです。:

« “腰割り”トレーニングに隠されたすごい秘密 | トップページ | 日々の祈り (空の境地にならせる ) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ