« みなさんが知りたいこと 12 | トップページ | みなさんが知りたいこと 13 »

2010年6月 8日 (火)

地球世界感謝行 (食物・肉体)

 
  
  
食物への感謝

  
人類を代表して 食物を司る神々様に 感謝申上げます。

すべての食物さん有難うございます。

我々は あなた方によって生かされています。

にもかかわらず 人類がとってきた

食物に対するわがまま 不平不満 感謝の足りなさを

どうぞお許し下さい。

我々を生かし 働かして下さる エネルギー源の

すべての食物に 心より感謝申上げます。

世界人類が平和でありますように

すべての食物を司る神々様有難うございます。






肉体への感謝


人類を代表して 肉体に感謝申上げます。

私の肉体を生かしている すべての機能 すべての血液 すべての骨 すべての体液 すべての神経 すべての筋肉 すべての内臓 すべての器官 

肉体を構成している一つ一つの細胞さん 有難うございます。

肉体は 神様のみ心を現す大事な場。

肉体なくして この世に完全平和を 実現することは出来ません。

我々は 我々の肉体を 尊い神の器として

神の表現体として 尊敬し 愛し 大切にいたします。

世界人類が平和でありますように

肉体さん有難うございます。 

肉体さんの天命がまっとうされますように








感想


食物や肉体へ感謝をすることはよく考えてみれば、当り前のことのように思うのです。

そしてそれを司っている、構成している、機能させてくれている各担当の神々様へは自然とありがたいなぁと思います。

しかし、家庭でも学校でもそんなことは教えてはくれない。

私は親に食べ物への感謝ではなく、それを作ってくれたお百姓さん(古いですね~、農家の人のことです)に感謝しなさいと教えられました。

そしてそれと同じように肉体への感謝ではなく

丈夫な身体に産んでくれた親に感謝しなさいと言われたものです。

スポーツ選手がよくインタビューで

「健康な身体に産んでくれた両親に感謝します」

と言っているのですが

なにか変だと思うのです。

確かに肉体は母親の母体から出て来ますが、いのちは神様が司っているのです。

健康に生まれてくるために栄養をつけるなどの努力は母親がするとしてもその後の健康とか運命とかは守護霊守護神様がコントロールしているのです。

食べる物が貧しくても健康に育つこともありますし、栄養が満点でも病気にならないとは限らない。

食べ物を創ったのも肉体を創ったのもそれぞれを司っている神様なのです。

日本には八百万(やおよろず)の神がいらっしゃると言われています。

それくらい細部に渡って常に見守り続けてくださっているのです。

その存在(目にみえない偉大なもの)を忘れて、目に見えるものだけに意識がいく。

そこから人間の傲慢が始まったのです。

今、地球には感謝の気持ちの波動が少ないのです。

だからありがたいことや感謝すべきことなのに、それが当り前のことのように思えてくる。



地球世界感謝行をしていると感謝が出来る波動体になるのです。

感謝は光なので、自分の本体を輝かせます。

いのちが生き生きをして来るのです。

そしてその光は伝わって光の足りない処へ行くのです。

するとその場所は光に包まれます。ぴかぴか(新しい)

感謝をしないと地球はもう滅亡するのです。

これまでにアセンションに失敗して来た(6回)のは祈りと感謝がなかったからなのです。

足りなかったからです。


感謝行は地球を救うのです。



  


  
 

« みなさんが知りたいこと 12 | トップページ | みなさんが知りたいこと 13 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/35133740

この記事へのトラックバック一覧です: 地球世界感謝行 (食物・肉体):

« みなさんが知りたいこと 12 | トップページ | みなさんが知りたいこと 13 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ