« 病気を治す3つの方法 | トップページ | 地球世界感謝行 12項目 »

2010年6月 4日 (金)

目をいたわろう

     
  
これも調和波動気功のセミナーでのことなのですが

ハーモニーの人(気功仲間)が質問で

「最近、視界がぼやけるのですがどうしたらいいでしょう?」

と于先生に聞かれていました。

先生は

「エネルギーがスッキリしていないこともありますが、タオルで目を冷やしたり、温めたりしたらいいです、後は、目の周りに保湿クリームを塗るのもいいでしょう」


とおっしゃったのです。


さっそくやってみるとほんとに気持ちがいいのです。わーい(嬉しい顔)

冷やしても温めても気持ちがいいとは不思議な感じですよね。わーい(嬉しい顔)

どちらも疲れが取れるのです。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

なぜそうなのか?は質問しなかったのですが

多分、先日書いたふくらはぎと共通しているのだと思うのです。

ふくらはぎは第2の心臓と言われていてここをもむと血液が循環するようになる。(温めると血管が広がり、冷やすと縮まるのでポンプの役割りをする)

実はこの血管の中をエネルギーが流れているのです。

血液がサラサラときれいな川の流れのように流れているのが健康な状態なのです。

血液が滞ったときに、病気になるのです。

脳溢血は血管が詰まる、癌は血液の流れが悪くなって血が澱んで溜まるのです。

目の中の血管は非常に細いのです。

だから携帯やパソコンで目を使うとその細い血管に負担がかかります。

流れが悪くなります。

それを温めたり冷やすことを繰り返すことで流れを良くするのです。(ポンプの役割り)

保湿するのも流れが悪くなって乾燥してきているのだと思うのです。

肉体はやさしくすること、感謝すること

そして丈夫になるようにしていくことが大切です。

それが肉体とうまくやっていく方法だと思うのです。



  

« 病気を治す3つの方法 | トップページ | 地球世界感謝行 12項目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/35051153

この記事へのトラックバック一覧です: 目をいたわろう:

« 病気を治す3つの方法 | トップページ | 地球世界感謝行 12項目 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ