« 心が休まる言葉 | トップページ | 守護霊、守護神は心の親なのです。 »

2010年5月17日 (月)

思いを溜めてはいけない

  
  
  
私たちは善い事も悪い事も


心にずっと溜めてしまいます。


善い事であれば

「あ~あのときは善かったなぁ

あの後どうなったかなぁ

また同じように善いことがあればいいなぁ」


と思い


悪い事であれば


「あ~嫌なことが起こってしまったなぁ 

これからどうなるんだろう?

また同じようなことが起こらなければいいなぁ」


と思うのです。



善い事でも悪い事でも


過去を振り返ってどうのこうのと思うのは


心が重たくなるのです。


W先生は


「思い(想い)は重いのです、流してしまいなさい」


とおっしゃいました。


確かに

昨日起こった

どんなに善い事でも

どんなに辛い事でも


想い出して、もの想いにふけっていると心が重たくなるのです。


未来はどんどんやって来るのに


心が停滞しているのです。


だから、心をサラサラと流し続けましょう


あの川のように

凄い勢いで流れる滝のように


昨日のこと

さっき起きた善い事も悪い事も

さっさと流して忘れてしまうのです。



そのためには、大きな流れの中に


自分の想念を入れてしまうのが



一番なのです。



宇宙の流れの中に入れてしまえば


どんな重たい思いも綺麗に流してくれるのです。



それが世界平和の祈りなのです。




 
世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます




  

« 心が休まる言葉 | トップページ | 守護霊、守護神は心の親なのです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/34737145

この記事へのトラックバック一覧です: 思いを溜めてはいけない:

« 心が休まる言葉 | トップページ | 守護霊、守護神は心の親なのです。 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ