« 読みのないただの同情は自立をさまたげる | トップページ | ほんとうの健康法とは? »

2010年5月21日 (金)

みなさんが一番知りたいこと 3

      
  
こうして、潜在意識(幽体に属する心)に溜まった過去世からの想いは因縁となり、消えてゆくために、現象面に現われます。

そこには時間差があるため、今悪いことをしていないのに、悪い事ばかりが起きることもあります。

では、なぜ今それが起きるのでしょうか?

それは、永遠の生命から見れば、今生(肉体界)で消すのが一番よいからです。


また、過去の自分が溜め込んでしまった業因縁を、今なら消せるということを神様から認められた、いわば「成長の証」 ということが出来ます。

一番いい時に、一番いい形で消していただけたならば、それは感謝の想いへとつながっていくことになるでしょう。


「善事をしつづけながらも、なかなか不幸な出来事が消えぬような人もたくさんある。

しかし、これは憂うべき事態ではなく、その人自身や、一家一族の進歩してゆく姿なのである。


それは過去世から蓄積されてある、その人または、祖先の悪因縁が、その人の時になって、表面にはっきり現われ、次々と消え去ってゆく姿だからである。


人間には、肉体の世界以外に、幽界、霊界の世界があるのだから、一番苦しみの軽い肉体界で、過去世の蓄積された業因縁をでき得る限り消滅し去っておいたほうが、その人や、その人の祖先、または子孫のためにも幸福である。


従って、善事をなせばなすほど、不幸な出来事が、より多く現われる場合もある。


しかし、それは真の不幸ではなく、潜在していた不幸が、より長く潜在していて現れぬと、その人自体が現在味わっている不幸の何層倍かの不幸になって、やがて現われてくるのである。」 (白光出版 『神と人間』)











 
感想



人間には必ず過去世があるのです。


過去の結果が現在、未来の原因が現在というのはわかりますよね。


ということは現在は、過去のやっていたこと(原因)の結果だということがわかります。


それも今生だけではなく、前世の結果が 今 現われているのです。


だから過去世で、働き者で善い事をたくさんして来た人は、今生ではなぜか恵まれ、過去世で乱暴者だった人は、今生ではなぜか嫌われるのです。


今、目の前に起こっていることは、今の私がつくったのではない、過去の私がまいたタネが、今、実って現われているんだ(今生も少しは含まれますが)



過去世でしてきたことは潜在意識に溜まっているのです。


潜在意識はやがて顕在意識に現われます。


潜在意識が幽界であり、顕在意識が肉体界なのです。


だから何回も書きますが、今、これからを善くして行こうとしたら


潜在意識をきれいにして、肉体界に現われる前に大難をできるだけ小難にすることです。


そして現われて来たということは消えるために出て来たんだと認識することです。


それが辛いことであっても過去世で自分がまいた想念行為が結果として現われたのだからしかたがないのです。


「なんでこんなことばかりが起こるんだ!」


と嘆くと


また悪因をつかんでしまうのです。


そこで腹を立てて自暴自棄になったり、相手に仕返しをしてはまた悪因をつくってしまうのです。


そこが大切なのです。


今現われていることは、過去世の結果なのだ


それも大難が小難にしていただいているんだ(守護霊、守護神が潜在意識を常に浄めてくださっているのです)


今現われたということは自分にそれを乗り越えられると守護霊、守護神様が判断されたから出してくださったんだ。


そこに反応せず、感謝で観ることが出来たら消えてゆくものなんだ。


肉体界に悪因が現われるということは一番苦しみが軽いんだ


悪因は結果として現われないと溜めると後(死んだ後、未来)でもっと辛い事になってしまうんだ。


とここまで気持ち(心)を切り替えることが出来て


はじめて


「この人はプラス思考の人だ」


というのです。


それは、人間の生命を過去世、現在、未来と宇宙的視野で観ているからです。


今、現在だけをみて


「自分は不幸だ」

「いくら頑張っても結果が出ない」


「あの人は同じことをしているのに恵まれている、それと比べて自分は不幸(病気、貧乏)ばかりが起こる。


「もうどうにでもなってしまえ!」


というのはナンセンスなのです。


私はこの原理原則、真理、宇宙の法則を


家庭でも学校でも教えるべきだと思うのです。


でないとさ迷ったまま、人生を送っていかなければならないからです。


そして、原理原則を教えるだけでなく


これからどうしていけばいいのか?


を伝えるのです。


それがなければ

なにも伝えない方がいいくらいなのです。


今までは


あなたが過去世で原因をつくったのだから


どうしようもないのです


とか


過去世を浄めようとしたら


「私のいうことを聞きなさい」

「この壺を買いなさい」(笑)


しかありませんでした。


それが宗教が嫌われてきた原因なのです。


宗教がなくったって


自分の運命は自分で変えれるのです。


そのメソッドをこれからも書き続けて行きます。


« 読みのないただの同情は自立をさまたげる | トップページ | ほんとうの健康法とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/34801779

この記事へのトラックバック一覧です: みなさんが一番知りたいこと 3:

« 読みのないただの同情は自立をさまたげる | トップページ | ほんとうの健康法とは? »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ