« 愛の行ないとしている人が・・・・・・。 | トップページ | 名前を聞かなくても・・・・・・。 »

2010年4月17日 (土)

神さまごと、仏さまごとが好きな人・・・・。

  

  
  


生まれながら、神事、仏事が好きな人と、嫌いな人とがいますが、どういうわけでしょう。









それはすべて過去世の因縁によるもので、神詣りが好きだから、その人が立派であるとか、宗教団体に入っているからその人は清いとか、簡単にいえない。


宗教団体に入らなくとも、神詣りしなくとも、立派な人はたくさんいる。


立派といわれる人は、すべて自己の良心に忠実であり、愛の心深い人である。


自己利益だけの宗教入りや、神詣りより、そうしたことをしなくとも、愛の心で他人のために尽している人が、よほど、神の心に適うのである。


神とは愛の心であり、良心であるから、愛の心にとぼしく、良心にそむいているままの心で、神詣りしたとて、なんにもならない。


愛の心深く、良心に忠実で、しかも神を識るための宗教に入っている人が、一番立派であり、自己の幸福にもなるのである。





 『神と人間』 問答篇 五井昌久 白光出版





 

感想


私は現在大阪の北、茨木というところに住んでいるのですが、京都にも近く、息子は小さい頃(現在は二十歳になりました)から歴史が好きでそれも牛若丸のファンでやたらに京都に行きたがっていたことがありました。


しかし、行く前とはうらはらに、帰って来ると人が変ったような人相になっているのです。

それも疲れ果てたような・・・・・。


私は

「行きたい!」というものを


「そんなところはやたらに行くものではない」


「昔の色んな霊が潜んでいるのでその霊からいらないもの(業因縁)をもらってくるよ!」


なんて言ってもわからないだろうし


自分が体験し、実感することで自然と離れていくだろうと静観しておりました。


そして案の定、行くたびにもらって来て、自分なりに何かを感じたんだと思います。


ここ最近は、行っていないようです。


安倍晴明(あべのせいめい)を描いた陰陽師などを読むとよくわかるのですが、その頃の平安時代から朝廷や貴族、その他豪族などの争いごと、人間関係は非常にドロドロしており、そのときの怨念、恨みつらみ等は、未だに浄化しておらず、その周辺に残っているのです。


京都や奈良などは特にそのエネルギーが強いところなのです。



しかし、私たちは反対に浄められるのだ、魂が喜んでいるのだと完全に誤解しています。げっそり


世界遺産などもたくさんの人が訪れるようになってもう聖地ではなくなっているのだそうです。


観光地などもそうですよね、観光地とは読んで字のごとく光を観に行く地と書きます。


昔の聖者、賢者たちがその地を浄化して清めた場所だったのです。


だからその地へ行くのは物見遊山で行くのではなく自らの心、魂を浄めるためだったのです。


ですからそんな地もたくさんの人間の想念で汚れてしまってもはや観光地ではなくなっています。


う先生が最近おっしゃられることは


「みなさんどこへ行っても波動の良い所なんてないでしょ?」


「それよりも自宅で祈ったり印を組んでいるので、そこが波動の良い場所になっているのです」


なのです。


波動の良い場所に行く、浄化された所に行くのではなく


自分が浄まっていれば動く浄化スポットになるのです。(それでも汚れた場所へは行かない方がいいのです)



お釈迦様やキリストはそのような方々だったのです。



祈り続けていれば自分がそのような存在になれるのです。


それにはたゆまない祈り、印が必要なのです。





世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)







追伸
 

最近、神社仏閣などで

『世界人類が平和でありますように』

のピースポールをあちこちで見かけられるようになりました。

今、世界中、各国で20万本も建立されているそうです。

そこには宇宙からの無限なるエネルギーが降りています。

宗教を超えて思想を超えて支持され、祈れるのが世界平和の祈りなんですね。わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


 
 
  

« 愛の行ないとしている人が・・・・・・。 | トップページ | 名前を聞かなくても・・・・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/34266812

この記事へのトラックバック一覧です: 神さまごと、仏さまごとが好きな人・・・・。:

« 愛の行ないとしている人が・・・・・・。 | トップページ | 名前を聞かなくても・・・・・・。 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ