« 神と人間 (五井先生の祈念法 4 ) | トップページ | 食べなくても大丈夫になる »

2010年4月 3日 (土)

神と人間 (五井先生の祈念法 5 )

  
  
  
いかに達者な弁で真理の道を説いても、心に愛の薄い人は、その姿に光が薄いし、何も

説けずに、ただ黙ってその不幸な人の開運を祈っていても、愛の深い人の姿は、光輝いて

見えるのである。



愛は光であり、光は即ち神である。


真の行いは神の行いである。


愛の黙想は光そのものである。


愛に充ちた真理の言葉は神の言葉である。


あの人を善くしてあげたい、と思ったら、まず自分が光にならなければならない。


光になるとは、愛そのものになることである。


それは自分の立場がよくなるとかいう不純な心があってはいけない。


真に善くしたい、という、純粋な愛の心でなければならぬ。


その場合、純粋な愛は自己の想念停止(無我)と同じであるから、本源の光がその人を通

して、相手に流れ入るのである。


愛の純粋さの程度に従って、光の強さが違ってくる。


病気などの場合、なおしてやるんだ、という力みや、不安動揺の心は、光を乱し、弱める。


よく、霊治療家や、霊覚者になりたい、といって、修行する人があるが、私はそれに反対す

る。


そうした特別な力を得たい、と思う心は、神の心に遠いからである。


何故ならば、神はすでに、その人、その人に対して、天命を授けているのであって、正しい

霊能者や、霊覚者になる者は、自然にそうなるような方向に、守護神が導いてゆき、その

人に必要な修行を現象の心の否応なしにさせられてしまうのである。


私は音楽家で世に立とうと思って、音楽を勉強した者であるが、いつの間にか、種々と哲

学や宗教や、心霊学の道にひき入れられてしまい、ついに種々な修行をさせられて、現在

のような人生指導者になってしまったのである。


その間、私は友人の誰よりもよけいに勉強したわけでもなく、特別な能力が欲しいと願った

こともない。


ただ、常に、常に、神に祈っていたことは確かである。



その祈りは ━


“神様、どうぞ、社会人類のために、私のいのちをおつかい下さい。私に授けられた私の使

命を一日も早くなさしめ給え”



という意味のもので、この祈りは常に、私の心を離れることはなかった。


霊能を得たい、ということは 我 である。


特別な力を得たい、という心も 我 である。


そうした我の祈りや願いは、低い霊魂に感応しやすい。


その祈りが通って、霊能者になったとしても、その人が、そうした我の心を捨てない以上

は、その人の運命は最後に行き詰ってくるであろうし、その人の力では、真に救われる人

は出てこない、と私は思っている。


真摯な愛の祈りと、無邪気な明るさ、運命を信ずる楽天、こうした要素が、神に通ずる心で

あり、いかに祈っても、邪気ある心、暗い心、不安の念(おも)いなどがあっては、神の心に

触れることはできない。




             つづく
 




   『神と人間』 私の祈念法 五井昌久 白光出版







 
 

感想


ここではもう何もいうことがありません。

五井先生の文章は、ひっかかることなく、スーッと心に沁みてゆくのです。

あえていうならば、ほとんどの人は 我 があることがさも善いことのように思っているので

す。


我 が強くなければ生きて行けない!

厳しい世の中を生きて行けない!

自分というものを強く主張するくらいでないと人に負けてしまう!


そして唾を飛ばして相手をなじり、個性豊かな人の方が頼もしく思えてそんな人を選挙で

選んだり、トップに立つ人に推薦したりする。


そしてイザ、そんな人が選ばれると好き放題、我儘放題して


「そんなはずではなかった」


と悔やむのです。


我が強いというのは、肉体人間の自分の力だけでなんとかなると思っているのです。

それは傲慢であり、驕りです。


ついこの間のう先生のレッスンで諭されたことがあります。
 






何事も自分がやるのではない


力んでいる


結果を求め過ぎている


もっと謙虚に


統一をして(神さまと一体となって)


守護霊、守護神の中に入りなさい




 


 

  

  

 
  
  

« 神と人間 (五井先生の祈念法 4 ) | トップページ | 食べなくても大丈夫になる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/34057070

この記事へのトラックバック一覧です: 神と人間 (五井先生の祈念法 5 ):

« 神と人間 (五井先生の祈念法 4 ) | トップページ | 食べなくても大丈夫になる »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ