« 人間の誕生について | トップページ | あなたが働く理由 »

2010年4月 9日 (金)

人間の誕生について 2 

  
   
  
だから夫婦関係というものは非常に大事なもので、善良な立派な子供を欲するならば、胎教や、生後の教育よりも、性交時の夫婦の心の持ち方が、さらに一層大事なのである。


この誕生については、夫婦それぞれの過去世からの因縁や、性交時の想念などを、守護神が、観じて、その児を宿らせるのである。


また、生まれ変わりの年限は、その霊魂の因縁によって違うが、近来、非常にその年限が短縮されて、死後二、三年や七、八年で生まれ変わる人がたくさんできている。


しかし、霊そのものが生まれ変わるのではなく、魂(幽界に蓄積された想念、普通霊魂と呼ばれている)が魄(すなわち肉体となる原子)を、寄せ集めて、肉体界に生まれ変わってくるのである。



そのすべての原動力は、その人のみ霊元(たまもと)、いわゆる直霊から来て、守護神が、その誕生を、指揮するのである。


であるから、Aという人間が、肉体界に生まれ変わりとして生活していながら、前生からつづいているAという霊魂の想念は、幽界にも生活しているのである。


いわゆる二重写しのようになっているのである。


もっといいかえると、想念は霊、幽、肉の三界を貫いて活動している、ということになり、その想念活動の力は、分霊から発しており、その元は直霊にあるのである。


しかし、こうした説明は実にむずかしく、ややこしいので、普通は霊魂の生まれ変わり、と簡単にいっているので、そうした説明だけで、納得されていてもよいのである。


ただし、この現界を、現世(うつしよ)というのは写世(うつしよ)、霊界から写し出されている、という意味の言葉であるのだ。






              
                   おしまい

 



    『神と人間』 人間の誕生について 五井昌久 



 



感想


五井先生が


しかし、こうした説明は実にむずかしく、ややこしいので、普通は霊魂の生まれ変わり、と簡単にいっているので、そうした説明だけで、納得されていてもよいのである。


と語っておられるように、霊魂のことを無理に理解することはないと思うのです。


私も霊魂に関しては、本当はよくわかっていないのです。


しかし以前、こんなことがありました。


私は夜中に市場で働いているのですが、何事もなくその日の仕事を終えました。


ところがW先生のレッスンを受けている時に


「あなたは昨日、仕事場で非常に働かれましたね!」


と言って頂いたのです。


それはどういうことかと申しますと


3次元の現世では何もしてなくても、幽界、霊界で何かをしていたのだそうです。


本人はもちろん何も覚えていませんし、実感もないのです。


しかし、私たちは肉体界だけでなく、幽界、霊界、そして神界にも同時に生きていることだけは覚えていてください。


そのうちきっと腑に落ちる時がやって来ると思います。


寝ているときは肉体界を離れて他界に行っているのです。


守護神によって記憶は消されていますが・・・・


私たちは知らないことがたくさんあるのです。


でも、知ろうとすればどんなこともわかるようになっています。


それには宇宙とつながることが必要なのです。


 


宇宙とつながる祈り言葉


 
世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます




 

  

« 人間の誕生について | トップページ | あなたが働く理由 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/34147492

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の誕生について 2 :

« 人間の誕生について | トップページ | あなたが働く理由 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ