« 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 11) | トップページ | 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 13 ) »

2010年3月19日 (金)

神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 12 )

  
  
   
なんでもまず、自己の心の指導者、行動の守護者である、守護霊に念じてみることであ

る。


必ず現界における、善き相手をその人の前に現わしてくれるのである。


自己の内に神があるのだから、他の誰の教えを受けなくとも良いのだ、と思いこんでいる

人が、友人たちに向かって

“君たちは、君たちの内部に神性があって、ひとりでに君たちを善きように導き給うている

のだから、どこの誰に教えを受けたり、浄めてもらったりする必要はないよ” と忠告してい

るのを時々耳にする。


これは真理の言葉のようで、非常に誤っているのである。


内部の神性は、常に人間や事柄をもって、その人を導いているのであって、ある指導者に

逢ったことが、内部神性の導きである場合がたくさんあるのである。


人間は真理に素直であることが、実に大事なことであり、その素直さは、常に内部神性

(守護霊を含めた)の導きに心を傾けている真剣な祈りの念に根柢を置くべきである。


内部の神性とは、常に守護霊、守護神を含めたものであることを忘れてはならない。


宗教教団そのものが立派で正しくあっても、その教えを説く人が正しくない場合がたくさん

あるので、その点も注意が肝要なのである。


また、その教えが、実に立派で、教えそのものとしては、それ以上の高さには誰にも説き得

ないほどのものであっても、その教えのままをこの肉体世界に実現せしめ得ぬようでは、

その教えが生(なま)である、といい得よう。


例えば、人間は本来形なく、姿なきものであり、神、仏と一つのものであって、光明そのも

のである。


実相身、無礙身であるから、幽界があるとか、死後の霊魂が生きているとか、いうことは全

然必要ないことである。


ただ、ひたすら仏を憶念すればよい。


といわれた場合、その理は真であって、返す言葉はないが、ただ、ひたすら仏を憶念する

だけで、安心の境界に入り得る人がいったい何人あるであろうか。


また、ひたすら仏だけを憶念できる人があるであろうか、という実際問題となるのである。


現代のように唯物知識の盛んな時代に、ただ、人間は仏性であり無礙心ある、ということ

や、そのような実相論、本体論だけで、近代人を救いに導くことはほとんど不可能である。










『神と人間』 正しい宗教と誤れる宗教 五井昌久 白光出版

 




感想


ここでの文章で私は大いに反省しなければならないことがあると気づいたのです。



 

自己の内に神があるのだから、他の誰の教えを受けなくとも良いのだ、と思いこんでいる

人が、友人たちに向かって

“君たちは、君たちの内部に神性があって、ひとりでに君たちを善きように導き給うている

のだから、どこの誰に教えを受けたり、浄めてもらったりする必要はないよ” と忠告してい

るのを時々耳にする。


これは真理の言葉のようで、非常に誤っているのである。


内部の神性は、常に人間や事柄をもって、その人を導いているのであって、ある指導者に

逢ったことが、内部神性の導きである場合がたくさんあるのである。





mixiやブログをしていると “苦しいときの神頼み” や神秘的な霊力などを求める人が、

あやしい、偽物と思われる人や思想に傾倒している姿を見ることがかなり多かったので

す。

そこで私は、そんなところには答はありません、答は自分の心の奥にあるのです。

だからそんなものに頼ったり、信じてはダメです。

自分の内の神性を信じてください

と書き続けてきました。


確かに間違ってはいないのですが、そこまでの心境まで行くには、やはり、

 “しかるべき指導者” が必要なのです。


その指導者には守護霊が会わせているのです。

その指導者が偽物で真のメンターでなかったとしても、あるいは本物でも、その指導者に

会って影響を受けて体験することが必要なことがあるのです。
 

失敗もしないと成功もないのと同じです。


守護霊はそんな一見、廻り道だと思われるような体験を私たちにさせるのです。


私はそこのところを深く考えず、ただ表面に現われた現象だけをみて判断していたので

す。



ここにここまで私の偏見に惑わされた人がいたとしたらお詫びをしなければならないと思っ

ています。


申し訳ありませんでした。 泣き顔


でも、失敗(経験)は最小限度にして、いい指導者に巡り合うことは守護霊様も望んでい

らっしゃることだと思うのです。


ですから前章で書いた、善い指導者に会うために

「私に適切な指導者を導いてください!」

と守護霊にお願いすることが大切なのです。




 
世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます





  




  



 

« 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 11) | トップページ | 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 13 ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/33842845

この記事へのトラックバック一覧です: 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 12 ):

« 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 11) | トップページ | 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 13 ) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ