« 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 13 ) | トップページ | 誰も自分の限界など知ってはいない »

2010年3月22日 (月)

神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 14 )

  
  
  
因縁を説いたら、必ず、その因縁の消え去る方法を教え、その本体の神仏であるところま

で説かねばならぬ。


これは、因縁を、想念(心)の法則と説いても同じである。


この不幸は、この病気は、みんなあなたの心の影ですよ、と指摘する類である。


形の世界の運命は、みんな心の影であるのは真理であるが、現在そこに現われた、病気

や不幸が、その人にとって記憶のある悪想念の現われであることは少なく、大半は、記憶

に出て来ぬ過去世からのものも含めた潜在意識にあったものであり、あるいは祖先や縁

者の悪想念に感応している場合も多いのである。


この理を考えずに、ただ、あなたの心の影だと説くことは、その人を救うというより傷つけ痛

めることが多いのを私はよく知っている。


これは愛の不足ということで、知識が智慧と離れた状態である。


心の温かい人、愛の深い人はどうしても相手の心の傷や痛手に、ぐさっと突きささるような

言葉は吐けないもので、まずその不幸にたいして、同情せずにはいられなくなるものでは

ないかと思う。


いかに真理の言葉であっても、聴く人の心が、その真理の言葉に遠い境界にあったり、

空腹に喘いでいる人に、高遠な理想を説いても、ほとんど効果はあるまい。



真理の眼玉よ  降りて来い

おまえがあんまり高すぎるから

世の中は暗いのだ




と歌った詩人がいるが、これこそ肉体人間一般の叫び声であろう。


この声を無視した教えでは人類を救うことはできまい。









『神と人間』 正しい宗教と誤れる宗教 五井昌久 白光出版




 


感想


人間は死んだらどこへ行く?

人間はどこから来たのか?

人間はなんのために生まれて来たのか?

そんな大切な基本的なことを誰も教えてくれない

ただ知識を詰め込むだけの教育しか受けていない

そのつけが今まわって来ているのだと思うのです。

しかし、真理を誰かが言ったとしても

「あぁそうだったのか!」 とわかる人もほとんどいないのでは、広まることもありま

せん。


キリストが説き、お釈迦様が真理を弟子たちに伝えて来たことも未だに浸透していない

のです。


でもこれからはその真理が伝わるようになります。


それは宇宙から降り注いでいるエネルギーが細かいバイブレーションの宇宙の波動に

変わって来ているからです。


地球上の波動と宇宙の波動は全然違うのです。


地球上でも波動の良い(バイブレーションが細かい)場所と波動の悪い(バイブレーショ

ンが荒い)場所があります。


地球の波動が宇宙の波動に近づいて来ているのです。


でも人間の意識がついていけていない。


肉体意識と宇宙意識のギャップです。


そのギャップを埋めるには、世界平和の祈りしかないのです。

(このギャップが埋めれないと人間は非常に苦しむのです)


世界人類が平和でありますように

の世界は宇宙全体を言います、そして人類は宇宙のあらゆる生き物のことです。

宇宙(神)は愛なので、人類の平和と調和を願っているのです。


祈るということは宇宙神(心)に波長を合わすということです。


昨日の調和波動気功のセミナーでう先生がおっしゃっておられました。


「私たちは生まれる前からずっと世界平和の祈りを祈っていたのです、だから祈るのは当

たり前のことです、宇宙人はみな祈っています、地球人類だけが祈っていないので地球は

原始時代にいるのです」


私は今まで祈ること、祈れる人とは普通の人とはちょっと違う、特別の人たちだけだと思

っていました。


でも違うのです。


私たち地球人も宇宙人です。

だから世界(宇宙)人類の平和、調和、愛を祈るのは当然のことだったのです。

真理とは頭(知識)で識ることではありません。

行じて(祈る、印を組む、マンダラを書く)そして少しずつわかってゆくものです。

行じると自分の波動が変わっていきます。

宇宙の波動に近づいていくのです。

そして宇宙と共鳴したときに自分が何者であるのか?

どこから来たのか?

どこに行くのか?

がわかるのです。

人間は自分の本心のある宇宙と繋がらないと幸せになれないのです。


幸せとは本当の自分と出逢うことです。


宇宙(神)の波動がわかるということなのです。




世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



 
無限なる愛


無限なる調和


無限なる平和


   
 
  

« 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 13 ) | トップページ | 誰も自分の限界など知ってはいない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/33880642

この記事へのトラックバック一覧です: 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 14 ):

« 神と人間 (正しい宗教と誤れる宗教 13 ) | トップページ | 誰も自分の限界など知ってはいない »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ