« 本当の自分と、自分の魂を信じる | トップページ | 神と人間 (守護神 守護霊について 4) »

2010年2月11日 (木)

幸せになる生き方

 
  
  
『本当の自分と、自分の魂を信じる』




あなたはこの世に存在するものの一部です。

 
そして、かつて存在したものの一部でもあり、これから存在するであろうものの一部でもあります。
 

あなたの霊的なエネルギーは、生涯を通じて充電され、輝き続けなければいけません。
 

あなたは万物の一部であることはやめることはできません。

 
死さえも、あなたを消し去ることはできません。


なぜなら、あなたの霊魂は今も、過去にも、未来においても、物質として存在するものではなく、無限の存在だからです。


あなたの存在は永遠の世界を構成する、不可欠なピースです。


あなたの魂は一時的にその肉体を得て存在しているのです。


あなたは、これから知ることや理解することをはるかにしのぐ存在です。


人は誰でも、人間としての能力のほんの少しの部分しか活用していません。


わたしたちの内部には、いつか発現するときを待っている、広大な知の宇宙があります。


人間は、取り出して使うべき多くのものをもっています。


すでにもっている以上のものは何も要りません。


生まれてから死ぬまでの生きている時間は、行動し、なにかを達成し、なにかを生みだし、この世界をともに創造するという役割を自認するためにあります。


大学三年のとき、ある友人がフランスに旅行しました。


彼女の父親は、出発のときにこう言いました。


「自分が誰だか忘れるんじゃないよ」。


自分が何者であるかを忘れずにいれば、世界は加速度的にわたしたちを導き、励まし、支えてくれます。


自分が何者であるかという問いに対する究極の答えを知り、理解を深め、その答えと真摯に向き合えば、人は自分自身を信頼して着実に成長してゆきます。


自分のなかにある高みを頼りにしましょう。


すべてはあなたのために、あなたの内部に生まれながらに備わっているのです。


自分のもっているもの、ありのままの姿を強く信じていれば、失敗することはないとわかるはずです。


その気持ちを自信にしましょう。


焦らず、粘り強く、あなたの行く手を照らす直観の力を信じて、成長しましょう。


この内なる知は、本能的なものです。


外からの知識や理屈などなしに、真実は絶えずあきらかになります。


人は自分の内部に、物事を認識する能力をもっているのです。


このかすかな、自然にわきあがってくる気づきが、あなたの本来のあり方をおしえてくれます。


ジョーゼフ・キャンベルは、人間の魂がもつ願望について次のように考えました。



「わたしたちが本当に求めているものは、生きているという実感だ。
そのために、単なる肉体的次元で体験したことが、わたしたちの存在の内奥と響きあい、現実と響きあう。それによって人間は生きている恍惚感を実感として味わうことができる」


自分が感じること、自分のエネルギーを信じましょう。


夢中になって生きれば、あなたは自分自身を信じ続け、生きていることの喜びをつねに感じていられるでしょう。






  幸せになる生き方 アレクサンドラ・ストッダード






  



« 本当の自分と、自分の魂を信じる | トップページ | 神と人間 (守護神 守護霊について 4) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/33336014

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せになる生き方:

« 本当の自分と、自分の魂を信じる | トップページ | 神と人間 (守護神 守護霊について 4) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ