« 今年の指針 | トップページ | 日々の指針 »

2010年1月27日 (水)

収支のバランスが大切です。

  
    
個人においても国においても収支のバランスが大切だと思うのです。

国がリーマンショックの影響を受けようが知人がリストラに遭おうが自分がそれに惑わされることなく

入ってきたお金や物をしっかり管理して無駄なところに使わず必要なことに使ってそれをコントロールする。

お金の勘定とは自分の心の感情と同意語なのです。

まったく同じものなのです。

自分の気持ちをコントロール出来る人はどんな状況になっても困ることはないのです。

これからは、益々お金の管理が大切になってきます。

経済って難しいものではない

自分も国も自立することだと思うのです。 (精神的にも経済的にも)

これからの時代にピッタリのお薦めの本があります。

今から200年ほど前、日本がまだ藩であった頃

藩の財政危機を救った人物がいました。

みなさんは二宮尊徳ってご存知ですか?

自分の極貧生活を乗り越えて、その体験を生かして人々に節制を教えたり、お金を通して義や信、善、美を説いた人です。

今の世の中にこんな人がいたらどんなに国は豊か(精神的なことを含めて)になるだろうと思います。

私は息子に薦めました。

へたな経済書を読むよりよっぽど面白いし為になります。

是非、読んでみてください。目本電球

 




 二宮金次郎の一生  三戸岡 道夫  栄光出版社



  


  
  

« 今年の指針 | トップページ | 日々の指針 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/33141392

この記事へのトラックバック一覧です: 収支のバランスが大切です。:

« 今年の指針 | トップページ | 日々の指針 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ