« 30日の指針 | トップページ | 神と人間 (夢はなぜ見るか、中後半) »

2010年1月31日 (日)

潜在意識と顕在意識 2

 
    
本当は昨日、この続きを書くつもりだったのですが、まだ整理が出来ていなくてすいませんでした。

といいますのは、このことはすごく意味が深くて文章にするのが難しいからです。

潜在意識を変える、マイナス思考をプラス思考に転換させる

大げさにいうとこのことに地球の未来がかかっているのです。

アセンションとはマイナス思考がなくなってプラスのみになることなのです。

宇宙の波動はプラスのみです。

地球の波動はプラスとマイナスのエネルギーが交差している。

そこで私たちはこのプラスとマイナスの波動と交互に波長を合わせて一喜一憂したりしているのです。

憂欝病はその典型ですよね。

憂欝病はそう診断されている人だけでなく、ほとんどの人がそうなんだと思います。

さて、それなら地球上の肉体意識に合わさずに宇宙意識に合わすにはどうすればいいか?

その答は、実は呼吸法にあるのです。

今日は呼吸について述べたいと思います。

 

呼吸について


私たちは無意識に呼吸をしています。

当り前と言えば当たり前なんですが、実はすごい意味があるのです。



 

 
 
息を吸う

宇宙からのエネルギーを身体いっぱいに吸いこむ
 

 

息を止める

そのエネルギーを身体の中の60兆の細胞に行き渡らせる(このとき60兆の細胞は光輝いているのですぴかぴか(新しい)

 

息を吐く

細胞のなかのマイナス(老廃物)をすべて出す
 




それぞれに意味があるのですが、ここで注目してもらいたいのは息を止めたときです。


実は息を止めたときに宇宙と繋がっているのです。



みなさん一度意識して息を止めてみてください。(出来るだけ長く)


そして何かを考えてみてください。


そこで何を想ったか?





















何も浮かんでこない、何も考えが浮かばないですよね。
 

実はこの浮かんでこないというのが お釈迦様のおっしゃる


空 なのです。


頭が空っぽになって肉体意識を超えて宇宙と繋がっている瞬間なのです。




何分かは忘れましたが息を止めたまま数分経つと悟りが開かれるとか、肉体の限界を超えているときは自然と息が止まっていると言います。(火事場の馬鹿力はこのことです)

これは息が止まっているときにエネルギーが活発に動いているのです。


宇宙からの無限のエネルギーが身体に充満している状態なのです。



宇宙と一体、神と一体、我即神也の状態です。




だったら息を止めた状態でいつまでもいられるか?

無理ですよね。

一休さんはいざというときには坐禅を組んで 空 になりました。

それなら他の人もその 空 の状態になれたか?

そうではないのです。

そこには 信念 があるのです。

一休さんは悟っていたので自分が何者か?を知っていたのです。

そして100%それを信じていたので 空 になれた

他のお坊さんは30%はそうだと思っていた

だけど70%は信じられないと思っていた

そしたら30%しか宇宙からの叡智は降りて来ないのです。

ここまでのことをまとめると


空 になるには息を止め続けないとなれない


自分が宇宙とつながっている、つまり自分が宇宙そのもの、神そのものだという信念がいる


ということですよね。


後はまた明日書きます。


ここで是非試して頂きたいのは息を止めるという動作です。

息を止めるなんて普段しませんよね

水泳で潜水をするときくらいだと思います。

息を止めると思考が停止する

何も浮かんでこない

ということはマイナスの想念が一切、肉体頭脳に入っていない状態なのです。

考え過ぎの人、今マイナスが入っている人はやってみてください。

そして止めているときに自分の身体の中の細胞が光輝いているとイメージしてください。

これをすると心境が変わります。

なんだか明るく、嬉しくなってきます。わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

それは暗闇の中に光が灯るからです。(祈りや印は未来に光を灯すということなのです、先が見えない暗いから生きているのが辛いんですよね)

後は、それを持続させることをすればいいのです。

それが宇宙意識になるためのメソッドなのです。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)





世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます







 
 

追伸


今風邪をひいて咳が出て止まらない人、目線を真っ直ぐ平行になるより少し上を向いて(下を向くとマイナスのエネルギーと共鳴するから)、息を止めてください。

苦しくても我慢して息を止めてみてください。(息を止めると信念とは関係なく神とつながる)

そして細胞が光っていることをイメージしてください。

これで咳は止まると思います。

それは何故か?

止めている間に宇宙からの無限のエネルギーが入って来て不調和なものを出してしまうからなのです。

宇宙とは実にシンプルですよね。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)


  



参考図書
 

『我即神也』  西園寺昌美  白光出版





    


« 30日の指針 | トップページ | 神と人間 (夢はなぜ見るか、中後半) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/33190522

この記事へのトラックバック一覧です: 潜在意識と顕在意識 2:

« 30日の指針 | トップページ | 神と人間 (夢はなぜ見るか、中後半) »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ