« 一生懸命 | トップページ | 完全性を求めるな! »

2009年12月23日 (水)

お酒は怖い!

   
   
実は私は高校の同窓会の会長をしておりまして、同期会の幹事でもあり、同窓会のHPに管理人の日記を書いています。

そこで同窓会に出されるお酒について書いたのですが、同級生のある人が非常に共感してわざわざ電話までもらいました。

その人は高校の教師をしていて先生の立場や生徒のこと、同窓会のことを客観的に観れる人なのです。

みなさんも同窓会とかされることがあると思います。

参考にしていただけたら幸いです。






管理人の日記
 

 
今までに、三回同窓会をしました。

1、2回は母校でしたのでアルコールは無しでした。

3回目はインフルエンザの関係で母校が使えなくなり、ホテルでしましたが予算の都合でアルコールを出さなかったのです。

今振り返ってみると正解だったように思うのです。

お酒が入ると気が大きくなります。

声が大きくなります。

ストレスを発散させようとします。

昔のことを想い出して感情的になったりします。

人が変わります。

豹変します。

我ままになります。

言葉は悪いのですが

お酒は○違い水とも言われています。

お酒で失敗した人はいくらでもいます。

そんなお酒を先生を招いた会に出すのは違うと思うのです。

もし誰かが破目を外して豹変したらどうするのですか?

けんかが始まったらどうするのですか?

同窓会というのは昔に還るということです。

未熟だった頃に戻ってしまうのです。

自分の気持ちをコントロール出来ない頃に戻ってそこにアルコールを入れる。

考えただけでもぞっとします。

ホテル側は言います。

「アルコールが入らない会なんて聞いたことがありません」

「単価が上がらないのでそれはちょっと困ります」

それはそうかもしれません。

でももし、ぶち壊しになったら

それこそ、今まで準備して来たことが水の泡です。

(何もなかったとしてもお酒が入ると雰囲気はおかしくなるのです。気が荒くなります。飲んでいない時とは明らかに雰囲気が違ってきます)

後に続けることが難しくなります。

気まずくなります。

その人はもう同窓会に参加することが出来なくなります。

これは暴れた人に責任があるのではなく主催した側に責任があると思うのです。

お酒は会が終わった後の2次会で飲めばいいのです。

そこには覚悟が出来てる人が集まるからです。

同じ波長の人が集うからです。

でも同窓会はしらふで真面目にするものです。

何事もけじめが大切です。

これから同窓会をしようとされている人

参考にしてくださいね。


 

« 一生懸命 | トップページ | 完全性を求めるな! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/32710758

この記事へのトラックバック一覧です: お酒は怖い!:

« 一生懸命 | トップページ | 完全性を求めるな! »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ