« 幸せとは? | トップページ | 気功サロン、調和波動気功セミナーのお知らせ! »

2009年11月25日 (水)

心の中を覗くな!

 
  
先日、オーラの撮影会をしましたが、オーラにはそのときの自分の心の中のエネルギーが色に現われます。

そして透明感も出るのです。

頭の中がごちゃごちゃしていてスッキリしていないと顔や身体にモヤがかかったようになっているのです。

でもその状態はそのときのほんの一瞬のことであって心境の変化があればそれも一瞬に変わるのです。
 

私たちは、いつも相手の人の心の中を気にします。

「あの人は今、何を想っているのだろうか?」

「私のことをどう想っているのだろうか?」

「いい人だ、好きだと想ってくれているのだろうか?」

自分の心を見つめるよりも相手の人の心を読もうとしているのです。

恋愛などをしているとその気持ちは益々強くなります。げっそり

でもその人の心の中は絶えず変化しているのです。

それは心の中は無防備なので色んな人の想念が入ってくるからです。

想いとは相手の心と書きます。

つまり自分の本心ではなく人の想いをもらっているのです。

集合意識ともいいます。

ニュースとかはたくさんの人が観ているので見ている人のほとんどが想っていることが脳裏に入ってくるのです。

そしてあたかも自分が思ったんだと錯覚しているのです。

頭は色んな情報、想念、エネルギーをキャッチするセンサーなのです。

色んな電波をキャッチするテレビの受信器のようなものだと思ってください。

NHKも入れば、高尚な番組や、お笑いも入り、感動するドラマもあれば、残酷なシーン、エッチな場面もある・・・・・・・・。

だから色んなことを想い混乱するのです。

人の心をみる、読むとはこの混乱した想いを読むことなのです。

玉石混淆した頭の中を覗いたところで何になるでしょう?

そこにはその人の本心はなくただ混乱した想念があるだけなのです。

「心が綺麗だ」

という人がいます。

たった今はそうかもしれません。

比較的長くその状態を保っている人なのかもしれません。

でも次の瞬間には違う人格になっていることがあるのです。

光には闇が寄って来ます。

なやみとは闇が波のようにやってくることをいうのです。

人間はこの闇=マイナスのエネルギーを受けているので悩んでいるのです。

そして人間の間とは

完全なる神とカルマ、業という感情を持った動物との間に人間は居るという意味なのです。

だから偉いとかあの人は素晴らしいとかあの人の心は綺麗だと言っても50歩、100歩なのです。


人のことを批判しても自分とたいして変わりはないのです。

キリストが張りつけになってそれでも相手を赦したのは

業に包まれて人格が変わってしまった人を責めるのは違うとわかっていたからなのです。

キリストは真理を真実を識っていたからです。

キリストとは真理という意味です。

心は自分が自ら磨いていくものであって

それ(心の状態)を人に求めたり期待するものではないのです。

人の心をみる、読む、探る・・・・。

そのことがどれだけ無駄なことをしていたか?がわかりますよね。


だからもう人のことは気にしないようにしましょう。


無駄なエネルギーを相手に向けることはやめましょう。


自分や相手の心の中を覗いてがっかりしたり喜んだりするのはやめましょう。


自分がスッキリ、爽やかになることだけに集中しましょう。ぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)

  


  
 

« 幸せとは? | トップページ | 気功サロン、調和波動気功セミナーのお知らせ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/32352493

この記事へのトラックバック一覧です: 心の中を覗くな!:

« 幸せとは? | トップページ | 気功サロン、調和波動気功セミナーのお知らせ! »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ