« 幸せか不幸せかは自分が決めるもの | トップページ | 受付け始まる! »

2009年11月 3日 (火)

まず、自分のこと

 
  
同窓会のこととか、人とかかわることをしているとついつい自分の気持ちを落ち着かせたりとかエネルギーを整えることを後まわしにしたりおろそかにしてしまいます。

すると心の中のものが外(現象)に現われるので失敗をしたり慌てるようなことが起こるのです。

他人のことも今やらねばならないも大事です。

でも自分が出すエネルギーを整えることを優先しないとその他のことが整ってこないのです。

そう思っていたとき今読んでいる本にそのことが書いてありました。

よかったらお付き合いください。


 
 




まず、自分のこと


わたしは、誰でも自分のケアをきちんとするほうがよいと考えています。

自分の健康や幸福を顧みない人たちがいると、周りの人もそれに引きずられてしまうからです。

まず、自分が幸せで、健康で、生産的で、周りの人と喜びを分かち合えるようではなくてはいけません。

そのために自分自身をきちんとケアすることを目標にすべきです。

心身が健やかだと、豊かな心を持つことができます。

自分自身のケアを怠ると心が貧しくなります。

セルフケアができるかどうかは、あなた自身の手にかかっています。

礼儀正しい人のなかには、何でも自分を最後にする人が多いようです。

とくに、幼い子どもがいるお母さんたちは、自分のための時間をなかなかもてません。

誰かの面倒をみるということは、肉体的にも精神的にも負担が大きく、ケアする側が心身に支障をきたすこともあります。

母親や看護婦が、子育てや看護の果てに衰弱してしまうケースは少なくありません。

気分転換なしに誰かの面倒を看続けることは、負担と消耗を強いられます。

どんな責任を負っていようと、まず、自分のことを考えてください。

大勢の人があなたを頼りにしているから、自分の健康を第一に考えろというのではありません。

人は誰でも、自分自身を大切にし、他の人を大切に扱うのと同じように、自分を尊重するべきだからです。

あなた以外の誰でも、セルフケアのために時間を作ってはくれません。

毎日、自分で時間をとり、そんな時間がなくても捻出し、ときにはそう主張しなければいけません。

あなたは、どれほどストレスにさらされていますか?

もういっぱいいっぱいですか?

限界だと思うことがありますか?

あなたのリラクゼーションは何ですか?

イライラしたり不安になったりするようなら、状況を改善するために、選択肢を検討し直すチャンスです。

置かれた状況がたとえどう進展しようと、重視しなくてはならないのは、あなたがその状況をどう受けとめ、どう感じるか、という

「あなたの内面」 です。

空っぽの心では、他人に愛情を注ぐことはできません。

わたしたちは折に触れて瞑想したり、祈ったり、自然と触れ合ったり、学んだり、体を動かしたり、一人で静かに考えたりしなければならないのです。

ヨガをする、マッサージをしてもらう、精神に養分を与える時間をもつ・・・・・、何でもかまいません。

そうしたことは、自分でするしかないのです。

どんな状況に置かれようと、足をとられてはいけません。

あなたは自分自身を保って、穏やかに、よい気分でいることを、「選択できる」のです。

そうするための秘訣は、ここまでという境界線を引くこと、そして、物事に優先順位をつけることです。

自分が活き活きしている、自分の内面が豊かになっていくと実感するためには、息をつく場所が必要です。

一人で過ごす時間を必ずつくると、自分に誓いましょう。

誰かと過ごした後には、自分だけの「ミー・タイム」 を持って、リセットしましょう。

誰にでも、一人になれる自由にがなくてはなりません。

知性や感性や人間性の欠落した人生は、人生ではありません。

あなた個人の成長のために、内面の訴えに耳を傾けましょう。

自分との約束を守りましょう。

カレンダーに、空白の日をつくりましょう。

空を飛ぶ鳥が広い空間を必要とするように、わたしたちにも空白の時が必要です。

何も予定を入れなければ、空白の時間がもてます。

アリストテレスもジョーゼフ・キャンベルも、思慮深い人生は最高の生き方であり、長続きする幸福を見出す最良の方法であると信じていました。

カレンダーを見れば、その人がどのような時間を重ね、配分しているかがわかります。

とても多くの時間が、何らかの活動に充てられていることでしょう。

待ち合わせ、会合、連絡、車での送迎・・・・・・・。

絶えず動き回っていることが生産的だと考えるのはやめましょう。

仕事帰りに車を運転しながら携帯電話で話す、などというのは論外です。

その時間をつかって友人の様子を知ろうとするのはやめましょう。

あなたが知らなくてはいけないのは、あなた自身の様子です。

どんなときにも健やかでいようと思えば、時間を賢くつかえるようになり、日々、魂の充電ができるようになり、人生の意味があらためてわかるようになります。






あなたのためになさねばならぬことは、あなた自身のこと以外にない。

                   エマソン




  
  幸せになる生き方 アレクサンドラ・ストッダード 中央精版印刷
    



   

« 幸せか不幸せかは自分が決めるもの | トップページ | 受付け始まる! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/32051715

この記事へのトラックバック一覧です: まず、自分のこと :

« 幸せか不幸せかは自分が決めるもの | トップページ | 受付け始まる! »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ