« いじめについて | トップページ | 今日の日経新聞23面 »

2009年11月29日 (日)

考え過ぎ

  
   
最近、色んな人と会って話をする機会が多いのですがみなさんに共通して言えるのが

考え過ぎです。げっそり

「私はこう想うのです」

というその想いはどこから来ているかというと自分の本心からではなく他の人の想念やたくさんの人々の集合意識です。

だから簡単に言うと想った時点であなたは別人になっているのです。

想うとは相手の心と書きます。

つまり相手の人の心が移って来ているのです。

これは目の前の人の相手ということだけでなく自分と縁のある人の想念が頭の脳裏に容赦なく入って来るのです。

肉体の頭は無防備なので遠慮もなくづかづかと入って来ます。

頭とは色んな想念の波をキャッチするセンサーなのです。

テレビの受信器が色んな番組の電波をキャッチしてチャンネルをかえると次々に違う番組が現われますよね。

それと同じような役目を頭がするのです。

想うということは頭でこれをやってしまっているのです。


だから余計なことをぐちゃぐちゃと考えてしまう、想ってしまうのです。

お釈迦様は座禅を組んで 空 になれとおっしゃいました。

それは頭を空っぽにして本心と繋がれ!

余計なことを考えるな!

ということだったのです。

キリストは幼子のようになれ!

子どものように無邪気になって、いらない心配はするな!

とおっしゃったのです。


 
と言われても私たちはすぐに考えるくせがついてしまっています。

考え過ぎだと人から言われ

自分でも自覚をしているのですがついつい考えてしまうのです。

だったらどうしたらいいか?

考えない努力をするしかないのです。(これがポイントです電球

そして考えそうになったら祈りに切り替えていくことです。
 

「昨日はたくさん考え過ぎた

今日は昨日よりも考えることを少なくしよう」
 

でも考えずにいることは難しいから身体を動かしてみるのもいいことなのです。わーい(嬉しい顔)

身体を動かすと意識は頭から離れて(外れて)身体の一部に行ったりテニスなどでしたらボールに集中します。

頭から意識が外れるのです。

頭から意識が外れると結果的に客観視が出来るのです。

もう一人の自分が肉体の自分を見ている。

冷静になれるのです。

このときには頭では何も考えていません。

実はこの状態がまともな状態なのです。指でOK

祈ることはもっと効果があります。

本心と繋がるからです。

本心とは本当の自分がいる“場所” のことです。

人間の本体、本質は 心 なのでその心がどの場所にいるかが大切なのです。

迷いの世界の幽界なのか?

そこよりもスッキリした世界の霊界なのか?

天国のある神界なのか?

その先の宇宙なのか?

本心は宇宙にあるのでそこと繋がらないと心は安心しないのです。

安定しないのです。

本心と繋がっていないからいつも不安になるのです。

本心と繋がるには、繋がることを邪魔してる余計な想いを取り除いて、つまり考えないようにして

本心と直結している祈り言葉を唱えることが一番なのです。

私たちの心の故郷は宇宙にあります。

肉体の親は両親ですが心の親は宇宙にあります。

だから宇宙と共鳴する宇宙の願い事を唱えると宇宙と波長が合うのです。

すると宇宙から無限のエネルギーが肉体に入って来るのです。ぴかぴか(新しい)

これが悟った状態です。

心と吾(われ)が一つになるのです。

本心と肉体の自分が一体になるのです。

宗教とは宇宙を示す教えと書きます。

つまり本当の宗教とは宇宙と一体になることを説いていたのです。

お釈迦様もキリストも宇宙観を説いていました。

お釈迦様は金星の高い教えを地球に降ろした人?です。

キリストも地球よりもずっと進化した星から天下って来られました。

だから私たちも宇宙法則に乗ればいいのです。

宇宙の波動に共鳴すればいいのです。

宇宙の素晴らしい波動体になればいいのです。

それしか幸せになるメソッド(方法)はないのです。

宇宙の法則に乗るには

考えない努力をすること(波動の荒い今の地球の波動に合わさないために)

絶えず祈り続けて宇宙の素晴らしい波動と共鳴すること

この2つが大切なのです。

他のことはどうでもいいです。

後は枝葉だからです。

それでも

考えることにもいいことがあるのではないか?

考えることの中にも正解があるのではないのか?

そう想いますか?

考えている自分が好きですか?(笑)

そう想っているうちはまだ余裕があるのかもしれません。

インスピレーションとか直感はどこから来ているのでしょう?

それは肉体の脳からではなく、肉体を超えたもっと深いところから来ているのです。

頭で考えるとは肉体界の狭い境地でしか生きられないのです。

私たちは宇宙に生きているのです。

肉体界だけでなく幽界にも霊界にも神界にも宇宙にも同時に生きているのです。




宇宙心(本心)

神界(守護神)

霊界(守護霊)

幽界(想念、迷いの世界)

肉体界





だから肉体意識を超えて宇宙意識にシフトしていかないと生命が輝いてこないのです。

生命が活かされていかないのです。

それが真理なのです。

私たちは真理を識る(わかる)ために生まれて来たのです。




世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます







 
追伸
 

世界人類の世界とは地球世界だけでなく宇宙のすべての生き物を言っているのです。だから宇宙の願い事なのです。

守護霊、守護神は宇宙神(心)と肉体を繋げてくれる役割りをしてくださっています、だから感謝をすることでより繋がりやすくなるのです。そして人間の想念で汚れてしまった幽界を浄化してくれるのです。

過去世の因縁を消してくださるのです。

だから大難が小難になるのです。



  

 
 

« いじめについて | トップページ | 今日の日経新聞23面 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/32411019

この記事へのトラックバック一覧です: 考え過ぎ:

« いじめについて | トップページ | 今日の日経新聞23面 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ