« 本来の素晴らしい自分に還ろう! | トップページ | 幸せか不幸せかは自分が決めるもの »

2009年10月31日 (土)

喧嘩両成敗

 
     
ある有名な料理店では、喧嘩になったアルバイト、従業員の人同士の両方の人をクビにするそうです。
 

「あれッこの間いた人はどうしたのかな?」
 

というくらい入れ替わりが激しいのです。
 

人と人が交わる場では人は相手を批判します。
 

「あの人はおしゃべりばかりしていて仕事をしない」
 

「あの人はすぐにサボろうとする」
 

「私はあの人よりも頑張っている」
 

経営者はその事実を把握してどちらかを辞めさせるのではなく
 

その両者を辞めさせているのです。
 

その訳は批判している人が例え主張している通りであったとしても
 

相手を批判するという不協和音を、つまりマイナスの波動を振りまいているということです。
 

そのエネルギーは働いている人たちだけでなくお客さんにも波及するのです。
 

喧嘩ばかりしている夫婦でやっているお店に行ったことがあります。
 

厨房から怒鳴り声が聞えて来るのです。
 

出て来た料理はどうみても美味しそうにみえません。泣き顔
 

それは目に見える物も目にみえないものもすべて波動(エネルギー)で出来ているからです。
 

目にみえない喧嘩という波動は目に見える料理という物に影響しているのです。
 

そのことがわかっているのでここの経営者の人は両方の人を辞めさせているのです。
 

批判している人もサボって仕事をしていない人と同じ波動を出しているのです。
 

マイナスという波動です。
 

私たちは目にみえないからといってこのマイナスの波動を振りまいていることがあるのです。
 

もし波動が目にみえたならどんな色なんだろう?
 

人を不快にはしていないだろうか?
 

それをイメージしてみることはとても大切なことなのです。
 

なぜなら宇宙も地球も人間もすべては波動で出来ているからです。
 

わたしたちは自分の出している波動(エネルギー)に責任があるのです。



  
 

« 本来の素晴らしい自分に還ろう! | トップページ | 幸せか不幸せかは自分が決めるもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/32018098

この記事へのトラックバック一覧です: 喧嘩両成敗:

« 本来の素晴らしい自分に還ろう! | トップページ | 幸せか不幸せかは自分が決めるもの »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ