« 考え過ぎるとロクなことはない | トップページ | スッキリ爽やかになる »

2009年10月19日 (月)

意識が飛んでいる

   
   
頭が真っ白になるというのは空になるのとは全然違うのです。

コップの中の水は注がないと満タンにはなりませんが

私たちの心の中はいつも何かでいっぱいになっているのです。

心の中に本心しか入っていなかったらそれが神我一体(しんがいったい)

つまり悟っている状態です。

頭で思っていることと本心で思っていることが同じなのです。

何の悩みも迷いもない状態です。

頭が真っ白、上の空、気が上がっている状態とは心の中が無防備で他人の想いであるとか人類の集合意識だとか幽界のオバケちゃんが入り放題になっているのです。

だから今自分のしたことを忘れてしまう

かんじんなことが抜ける

ボーッと無意識に動いている

頭に浮かんだことをただしゃべっているだけ

相手の気持ちも考えずに感情で話している

空気が読めていない

気が鎮まっていない

場違いのことを言うだとかという状態になるのです。


油断をすると業(ごう)がいくらでも入ってくるのです。
 

お釈迦様のいう空(くう)とはからっぽということではありません。

心の中に神様が入っているということです。

頭をからっぽにしてそこに神様を住まわせているのです。

神様とは宇宙意識のことなのです。

私たちの故郷は宇宙にあるのです。

本心もそこにあるのです。

だから宇宙も神様も本心もすべて同じなのです。

その状態になったとき人間は初めてまともになっているのです。
 

だから自分の意識が今、どこにあるのか?

心の中にどんなエネルギーが入っているのか?

をチェックすることはとても大切なことなのです。
 

そして、私たちは心の中をいつもきれいにすっきりさせて神様だけを住まわせておくことが大切なのです。

それが宇宙意識であり地球にいながらにして、神界、天国に住んでいることになるのです。

  
    

  
 

 

« 考え過ぎるとロクなことはない | トップページ | スッキリ爽やかになる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31850595

この記事へのトラックバック一覧です: 意識が飛んでいる:

« 考え過ぎるとロクなことはない | トップページ | スッキリ爽やかになる »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ