« 絶対に大丈夫! | トップページ | 後ろ姿 »

2009年10月21日 (水)

自立について

  
     
本当の自立とは何なんでしょう?

経済的な自立、親からの自立、甘えからの自立、依存からの自立・・・・・色んな意味の自立がありますが、私は本当の自立とは自分の心をコントロール出来ることだと思うのです。

周りに振り回されずに人が何と言おうと自分の信念をしっかり持つ、マイナスのエネルギーにも巻き込まれない、そんな強い意思を持つと自分に自信が出てくるのです。

自分が誇らしくなるのです。

そして自分に自信が持てるようになると人に優しくなれるのです。

ここに自立出来た人たちの体験が書かれた本のまえがきをご紹介します。

『賢者の選択』 という本です。

是非、読んでみてください、きっと生きる勇気が湧いてきますよ。

 
 



まえがき
 

「賢者の選択」 という番組の進行役として、これまで、いろいろな賢者の方々から話を伺った。

何ゆえに彼らが賢者なのか、賢者たりうるにはどのような条件が必要なのか。

人となりはどうなのかなど、番組を通じて私が感じ取ったことを、述べてみたいと思う。

彼らに共通しているのは、強い信念を持ち、決して諦めないということだ。

どのような苦境に立たされようとも、最後までファイティングポーズを崩さない強い信念と意思、あるいは使命感を持っている。

こんなビジネスを実現できたら面白いのではないか、儲かるのではないか。

アイデアは実は結構、誰にでも思いつくものである。

でも、多くの人はそれをただの思いつきということで、自分の心の中に仕舞い込んでしまう。

ところが、それをただの思いつきで終わらせない人たちがいる。

そのアイデアを実現させようとする。

当然、実現させるためには、いくつもの苦難が待ち受けている。

時にはペシャンコにへこまされることもある。

それでも諦めずに、夢を実現させるために頑張る。

そういう人は本当に一握りの人たちだ。

そして、その一握りの人たちが、賢者として成功していく。

そして類まれなる決断力が必要だ。

当然、どうにもならない壁にぶち当たることもある、そのまま前に進むのか、それとも見切りをつけて、次の展開を目指すのか。

頭を冷静にして、自分の今の状況を分析し、その上で絶対にダメだということになった時、見切りをつけられる勇気。

これも必要な要素といえるだろう。

また、ビジネスで成功している彼らの多くは、極めて楽観主義者でもある。

だからといって、何の根拠を持たずして楽観的なのではない。

きちっとした根拠を持った楽観主義者である。

大借金を抱えたある経営者は債権者のところに頭を下げに行き、自分が今、行っているビジネスについて熱く語った。

その債権者は、彼のビジネスに賭ける情熱にほだされ、借金の棒引きまでしてくれたという。

まさにビジネスに賭ける情熱のなせる業である。

また常に明確な目的意識を持ち、そして目標設定も高い。

これはとても大事なことだ。

ところが、最近の人たちは、自分の手の届くところに目標を設定してしまいがちだ。

これは良くない。

夢は、実現できる可能性が低いからこそ夢なのだ。

その可能性に向かって、知恵やアイデアを出し、努力をし、時には他人の協力もあるから、ビジネス人生は楽しいのである。

そして、その夢を実現することができたら、他人には到達することのできない高みまで、登ることができる。

そして本物の賢者は、決してお金儲けだけを最終目的にしているのではない。

自分の利益を追求するためにビジネスをするのではなく、他人の利益、周りの人々の幸せのために働くことのできる人だ。

江戸時代から明治、大正、昭和という4つの時代を生きた大富豪、本田静六氏のように、最後に自分の私財をすべて社会還元に使える人だ。

ビル・ゲイツにしても、ウォーレン・バフェット氏にしても、あれだけビジネスで成功した後、最後に何をしているかといえば、私財をすべて寄付に回している。

単にビジネスで成功して何百億を儲けたというだけでは、決して賢者とはいえない。

ビジネスで成功してお金を儲けるのは良いが、その後で何をするのか。

そこで本物の賢者かどうかが問われるのだ。



    「賢者の選択」番組インタビュアー蟹瀬誠一



 



ここまで読んだ人はやっぱり賢者の人は一握りなんだ。

特別な人なんだと思うかもしれません。

でもそこで諦めてしまったら又、同じことの繰り返しなのです。

賢者とそうでない人の違いは




1.決して諦めないこと

2.冷静であること

3.勇気があること

4.自分だけではなく人の人類の幸せを考えている



ことだと思うのです。

つまりやはり自分の気持ちをコントロール出来ている人なのです。


そしてこれは誰もが持っている資質だと思うのです。
 

他人はコントロール出来なくても、自分の心をコントロールすることは出来るようになるのです。

この本には91人もの賢者と言われている人が出て来ます。(中には今は衰退している人も確かにいます)

色んなケースがあるのです。

でもこの人たちは天からたくさんの人に影響を与えるように成功者を演じさせられている人たちだと思うのです。
 

だからすごく参考になります。


ビジネスだけでなく生き方、生き様にヒントがあるのです。

これから厳しい時代になっていく上で必要なことがたくさん書いてあるのです。


大切なのは成功することではなく、自立することなのです。


自立できたから、成功したのです。 
 
 
自立しようと努力したから幸せになれたのです。





賢者の選択 起業家たち勇気と決断 日経ビジネス文庫



 
 


 
  

« 絶対に大丈夫! | トップページ | 後ろ姿 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31877146

この記事へのトラックバック一覧です: 自立について:

« 絶対に大丈夫! | トップページ | 後ろ姿 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ