« 9月19日(土)は気功サロンの日 | トップページ | アインシュタインは宇宙を語っていた »

2009年9月 9日 (水)

本を読むことの大切さ

    
      
今日、う先生のレッスンで真理を求めている人は本を読むことが大切です。とおっしゃっていました。

ほんと、その通りだと思います。

自分が何かで悩んでいる

そんなとき、ふと

「確かあの本に答えが書いてあったなぁ」

とヒモ解くのです。

するとそこには必ず自分の求めている答えがあるのです。
 

ぼんやりしたものがハッキリと見えてくるのです。
 

こうして日記を書いているのも自分の考えを整理しているのですが、自分でも思いもよらぬ、よい考えが浮かんできたり、いつの間にか答えが文章になって書かれていることが多いのです。


自分?で書いた文章に自分で感心したりします。


本を読む、文章にまとめる、日々の実践・・・・・・・・


この繰り返しが私にとってとてもいいリズムになっているようです。わーい(嬉しい顔)ムード


人の話を聴いたりスポットで文章を読む(新聞、雑誌など)のだけではダメなのです。
 

本を読んで自分の考えが正しいのか?どうなのか?
 

審神(さにわ)するのです。
 

審神とは、神(本心)から来たものかどうか?を判断するということです。


そのときによって出て来る答えが違うときがあります。
 

それでもいいのです。


本で練って練って自分なりの答えを出していくのです。
 


自分の生き方に確信を持てない人

毎日をなんとなく生きている人

感覚だけで生きている人


は 


是非、本を読んでください。
 

どんな本でも無駄になることはありません。
 

でも、真実のことを書いた、真理の本がよいのです。


五井先生、西園寺昌美さん、そしてもちろん、う先生の本はいつ読んでも新鮮です。


それは時空を超えているから・・・・ぴかぴか(新しい)夜


真理の本は奥が深いのです。



そしてそこには自分の知りたい答えが書いてあるのです。




  
  

« 9月19日(土)は気功サロンの日 | トップページ | アインシュタインは宇宙を語っていた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31304276

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読むことの大切さ:

« 9月19日(土)は気功サロンの日 | トップページ | アインシュタインは宇宙を語っていた »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ