« 愛は相手を解放すること | トップページ | 守護霊、守護神は何を望んでいるか? »

2009年9月11日 (金)

波動が良い?

   
  
最近よくスピチュアルなことに興味を持っている人は

「波動が良い」

「波動が悪い」

といいます。

いったいなんのことなのか?

それはそれが場所だったりするとその場所は聖者、賢者、あるいは進化した宇宙人たちによって浄められたスポットということなのです。

「観光地」もそうなのですが今は汚れてしまって普通のところ以上に波動が悪くなったところもあります。

そして名所が観光地になっている場合もありますがそこが古戦場で浄化されていないとその場所に行くと寒気がしたり、嫌~な気分になったり心の中にもやがかかったようになり、身体にも変調をきたしたりします。

私は京都が苦手で、行くと必ず体調が悪くなったり息苦しくなったりするのです。

息子は歴史と京都が好きでよく行っていたのですが、帰って来ると必ずどす黒い暗い表情になっていました。

だからむやみやたらと名所旧跡、神社、仏閣に行くことは危険なのです。

それは憑依されるからです。

そのような場所には強烈な力?を持った幽界のオバケちゃんが住み着いていることがあるのです。

憑依されると宇宙(本心)と肉体の自分との間に幽界の不良霊が入ってしまい全然違う人格の自分になってしまうのです。

人間の本来の姿は光ぴかぴか(新しい)なのですが、その光を覆ってしまうのです。

もちろんそうならないように守護霊、守護神が守ってくださるのですが、オバケちゃんの力が大きいといくら守護霊、守護神でも浄化させることは難しいのです。

あなどってはいけません。

反対に波動のいい場所に行くとそこは浄化されてキラキラ輝いているのです。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

その場所に行くと 光のシャワーを浴びることになります。わーい(嬉しい顔)

自分の本来の姿は光そのものなので光を浴びるということは、この上もない幸せなのです。

心の奥からじ~んとしてきたり、懐かしいうれしい気持ちになったり、魂が喜んでいるのがわかります。
 

それくらい行く場所によって違うのです。
 

だったらどうやって行く場所を選んだらいいか?

それは自分がそこに行こうとした場合、その前に必ずふっ~と

嫌~な気持ちになることがあります。

心の中に急に暗雲が現われたようになるのです。

それが守護霊からのメッセージです。

「そこに行くなよ!」 というお知らせなのです。電球

でも何回もメッセージは来ません。


そしてそのうちに嫌~な気持ちが勘違い、他のことに原因があるのだと思って行ってしまうのです。

自分一人だったら止めることも出来るのですが複数の人との旅行はそうはいきません。

気分が乗らないのに行ってしまって

えらい目(憑依)に遭うことがあります。

だから私は団体行動が苦手なのです(笑)

一人旅が好きなのです わーい(嬉しい顔)

せっかくいい波動のところへ行ってもその後で悪いところへ行ったなら実にもったいないことなのです中途半端になってしまうのです。


自分は物見遊山で目的地に行くのか?


魂を浄める(本心開発)ために行くのか? 


それをハッキリ決めた上で旅行をすべきなのです。


3次元を楽しんで(感情を喜ばせて)、そして波動のいい場所に行くというのはもったりないのです。

感情を喜ばせるのはオバケちゃんと共鳴することなのです。


波動のいい場所に行くと3次元も楽しくなるのです。

それは4次元、多次元の中に3次元があるからです。


3次元の喜びより比較にならないくらいの幸福感があるのです。


みなさん、いい旅をしてくださいね わーい(嬉しい顔)

  




追伸・・・ちなみに大阪にある大阪城は波動が悪いのです。

わっ書いてしまいました、どこかからかクレームがこないかな?(笑)




   

« 愛は相手を解放すること | トップページ | 守護霊、守護神は何を望んでいるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31330024

この記事へのトラックバック一覧です: 波動が良い?:

« 愛は相手を解放すること | トップページ | 守護霊、守護神は何を望んでいるか? »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ