« 誤った霊能 | トップページ | 気功サロン、セミナーのお知らせ »

2009年9月25日 (金)

真の霊能の条件

   
  
愛が深いということは、魂の清さ高さを端的に現わしているからです。

自己を深めたい、人を救いたい、人のために働きたい、人の世のために全力を挙げたい

等々、常に自己の力を他に捧げたい、という愛の心が根本になって、開発された霊能であ

ることが第一です。

だがいかに深い愛をもっていても、霊視、霊聴、霊言を審神(さにわ)もせず、ただやたら

に信ずるようではいけないのです。

霊能があったからといってすぐに有頂天になったり、すぐに人に告げてみたりする軽率さで

は、守護神はその人に及第点を下さらないのです。

もしその人に深い洞察力がなければ、出てくる霊能を否定し尽くすことです。

否定して否定して否定し尽くしても、どうしても消えぬ霊視であり、霊聴であり、霊言だった

ら、それは真実のものと判断すべきです。





      
                日々の祈り  五井昌久




 


 

 

感想

 

これだけ、霊能のことを一生懸命に書いているということは、私と縁のある人の中でスピチ

ュアルな世界に入ろうとしている人、入っているけど抜け出したいとしている人がいるのか

もしれません。


霊的な力を得ようとしている人は、最初は純粋なのです。

愛が深い人たちが多いのです。

それはそうなんだと思います。

でも、どこに意識があるか?が大切なのです。

少しでも人に褒められたい、感謝されたい、凄いと言われたいという自分というものがあれ

ば、すぐに幽界のオバケのおもちゃにされてしまうのです。

そして人格がまったく変わってしまってしまう。

憑依されるのです。

それだったら最初からそんなものに興味を持たなければよかったということになります。

それくらい本当の霊力を得るということは厳しいのです。

洞察力というのは自分の本心(神)と繋がって、繋がり続けてやっと得ることが出来る力で

す。

真剣に自分というものを無くしていかないと得られないのです。

もし、少しでも自分がの我のある人は止めてください。

そんなものを持たなくても時期が来ればみんな覚者になれるのです。

ただ人類を愛する気持ちだけは失わないでくださいね。




 
  
世界人類が平和でありますように 

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます





  


« 誤った霊能 | トップページ | 気功サロン、セミナーのお知らせ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31514443

この記事へのトラックバック一覧です: 真の霊能の条件:

« 誤った霊能 | トップページ | 気功サロン、セミナーのお知らせ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ