« 悟りとは | トップページ | 迷う時は守護霊さんを呼ぼう »

2009年9月25日 (金)

本心そのままで生きている人

  
               
悟りとは、自己の本心を光輝かせること。

生命をさわりなく生かしきれる状態をいうのです。

悟りといっても、種々と段階のあることで瞬間的に、自己の本心を現わしたり、生命を生かし切ったりすることも悟りでありますが、常に変りなく、本心そのままで生きぬいている人があるとすれば、その人は釈尊(お釈迦様)と同じような正覚を得た人というべきでしょう。

本心そのままで生きている人の状態とは、どのようかと申しますと、

慈悲深く、喜怒哀楽に迷わされず、すべての恐怖なく、他人の本心と想念をも、はっきり区別してわかり、おのずと人々の想念を浄めている、といったような人になるわけです。

神は光であるので、本心そのままで生きている人は光輝いている人であります。


 



                日々の祈り  五井昌久




   

« 悟りとは | トップページ | 迷う時は守護霊さんを呼ぼう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31517730

この記事へのトラックバック一覧です: 本心そのままで生きている人:

« 悟りとは | トップページ | 迷う時は守護霊さんを呼ぼう »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ