« ほんものとにせものを区別する法 | トップページ | あらゆる仕事を経験する »

2009年9月26日 (土)

食べるための生活は余技

         

人の嫌がる仕事や、人類のためにならぬような仕事についていたとしたら、仕事そのものが人類のためにマイナスになるとしても、その人がその仕事を通して、人類の平和を祈る心になって、その職場に生きていたならば、他の人がやれば害になるような仕事も、祈り心の光明波動によって、そのマイナスが極度に小さくなってゆくのであります。
 


これは人類の借財を減らしてゆくようなもので、やはり、その行為はこの世にプラスとなってゆくわけなのです。


人間の天命は、地球世界を大宇宙世界の一環として、精神と物質との融和を計り、完全なる平和世界とすることの働きをなしつづけてゆくことにあります。



 


         

                日々の祈り    五井昌久







  

感想
 

私にとってこの 
食べるための生活は余技 は強烈なインパクトがあるのです。

この世的にしている仕事は一生懸命にすることなんかは当たり前の当たり前でそれよりも最後の
 


人間の天命は、地球世界を大宇宙世界の一環として、精神と物質との融和を計り、完全なる平和世界とすることの働きをなしつづけてゆくことにあります。

 
が本当の仕事なのです。

私たちは自分のことをただ何となく生まれて来て、そしてなんとなく死んでゆくと思っています。

でも、そんななんとなくの目的なんかで神様は私たちを創っているわけがないのです。

3次元の仕事をしただけで天職をまっとうするわけがないのです。

宇宙はそんないい加減な世界ではないのです。

私たちはそんなちっぽけな存在ではないのです。



この世(3次元)での仕事はどんな仕事でもいいのです。
 

それよりももっと、もっと大切なことは自分の生命を輝かせることなのです。ぴかぴか(新しい)

 

祈りながら仕事をすると天命がまっとうできるのです。
 



世界人類が平和でありますようにぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊さまありがとうございます

守護神さまありがとうございます





         

« ほんものとにせものを区別する法 | トップページ | あらゆる仕事を経験する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/31532270

この記事へのトラックバック一覧です: 食べるための生活は余技:

« ほんものとにせものを区別する法 | トップページ | あらゆる仕事を経験する »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ